フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の上のこけの美容整形に失敗したらどうなってしまうのか

加齢などが原因で目の上がこけてしまうという症状があります。
目の上がこけてしまうと、疲れた印象や実年齢よりも老けた印象を与えやすくなってしまいます。
このような状態を改善するために行われるのが、目の上のこけの美容整形手術です。
目の上のこけの美容整形では、ヒアルロン酸注射や脂肪注入、脂肪移植などが代表的な方法です。
その人に合わせた状態や、希望する仕上がりによって方法は異なりますが、それぞれダウンタイムやメリット・デメリットがあります。
ヒアルロン酸注射は最も手軽に低リスクで行える方法です。
しかし体内への吸収も早いため、効果が薄れてしまう可能性も高いです。
脂肪注入や脂肪移植には、体内への自然吸収がないため効果が持続するというメリットがあります。
しかし、腫れが大きかったり傷跡が残ったりします。
医師によって仕上がりが左右されるため、失敗する可能性もあります。
トラブルを避けるためにも医師選びは慎重に行いましょう。

目の上のこけの美容整形に失敗

失敗例・リスクについて

目の上のこけの美容整形で多い失敗としては、ヒアルロン酸注入の場合、仕上がりがでこぼこした状態やしこりになってしまうということがあります。
また時間が経つにつれて効果が薄れてしまう場合があるので、再手術を行う必要が出てきてしまいます。
脂肪注入や脂肪移植の場合、自然吸収されることが無いので、効果が薄れることはありません。
しかし、傷跡が残る場合があるというデメリットがあります。
どちらも、注入する量が多すぎたり、ダウンタイム後に腫れが引いた状態で左右非対称となってしまうという失敗もあります。
目の上のこけの美容整形を行う場合には、信頼できる医師に相談することが大切です。
目の上のこけの美容整形に失敗した場合、目の大きさが左右で違ってしまったり、まぶたの厚みや二重の幅などがアンバランスになってしまう場合があります。
また傷口が引っ張られる感じが残ってしまったり、まぶたに違和感を感じるなどの症状も挙げられます。

目の上のこけの美容整形に失敗したらどうなってしまうのか

目の上のこけの美容整形の失敗、レーザー治療で効果が出ないってよくあるの?

目の上のこけの治療法はレーザー治療で効果が出ないこともあります。

目の上のこけの美容整形を、美容外科クリニックや美容皮膚科で行って、こけの解消を目指すとなったら、美容整形の治療法を選ばないといけません。ここ数年の美容クリニック業界での中効果部は、なんといっても美肌レーザー治療が大人気の時代です。でも目の上のこけを解消するとなったら、レーザー治療で効果が出ないことになりますので、この点は気をつけましょう。目の上の皮膚がキレイになっても、レーザー治療はこけは治せないのです。

目の上のこけの美容治療とPRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化

目の上のこけの美容整形は皮膚の表面にだけ施術をするものではなく、こけている状態を治療することに意味があります。そのため医療機器で光を照射するのではなく、ヒアルロン酸やPRPでの膨らませる方法を選択します。PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化は、目の上のこけには改善法となりますし、石灰化やしこりに関しましては、そう言った副作用もあるということを、お医者さんからも説明を受けておきます。

目の上のこけの美容治療法と感染

目の上のこけの美容整形をして、こけの解消に心が躍るのも束の間、気を抜くことで感染をする危険性はありますので、状態が落ち着くまでは気を引き締めたほうがいいです。こけのところに注入物を、細い注射を利用して入れていきますので、そのあとで完全に落ち着くまでは、バイキンが入らないように衛生面の管理を行いましょう。特に汚い手で触ったり、洗っていないようなタオルで顔を拭くなど、不衛生極まりない行為は慎みます。

目の上のこけのおすすめの美容医療の治療法

目の上のこけの美容整形のおすすめな手段は、こめの部位へのPRPやヒアルロン酸の注入方法での対処です。目の上は張りがあってこそ、顔の印象は若々しく輝きを増すことになります。目の上のコケには、光の照射での施術やレーザー治療法だと、こけをリセットする解決にはならないです。でもこけは注入法での解決ができるので、その上でハリのある皮膚を目指すなら、光などの治療法を併用するのも、目元の若返り維持にはいいでしょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。