フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

知ってる?目の上のこけの美容整形のダウンタイムで大事なこと

目元の印象がやつれて見えるのは、目の上のこけた状態が影響をしています。元気だと主張をしても、見た目が目の上のこけのある状態では、周囲からの共感は得られません。それどころか、無駄に健康を心配されることも考えられます。本気で改善を考えるならば、目の上のこけを、美容整形で改善をする選択もあります。目の上のこけの美容整形を受けてからのダウンタイムは、自分自身にも優しくすることを心がけましょう。目の上のこけの美容整形には種類がありますが、リフトの手術をしたあとなどは、ダウンタイムも医療機器の治療よりも長くかかります。目の上の部分や傷口にはあまり触れないようにすることです。内出血や腫れを伴う痛みは、多少は出てはきても、鎮痛剤で対処できます。しっかりと皮膚が完治をしなければ、傷口から雑菌が侵入をして悪さをすることも考えられます。当分は安静にしながら、癒しの時間としてリラックスして過ごすことです。激しいスポーツもお休みをして、肌状態が回復するまでは待ちましょう。

知ってる?目の上のこけの美容整形のダウンタイムで大事なこと

施術後のダウンタイムについて

目の上のこけの美容整形を脂肪注入でした場合、治療したあとのダウンタイムは、痛みと内出血と腫れのオンパレードになります。とはいえ、目の上のこけの美容整形では、そのためにフルでのフェイスリフトをするわけではないので、起き上がれないほどのひどい状態にはなりません。目元には内出血が起こりますが、これは針で脂肪を注入するためです。痛みがありますが、注入をしてしまえば、違和感を感じつつも、そのうちに慣れてしまいます。ただ内部の出血は、回復までに肌の表面の色が変化するので、何も知らない人だと驚くかもしれないです。最初はどす黒い紫だったのが、治りかけてくるとはだが黄色くなるためです。腫れも感じますので、熱っぽかったら保冷剤を使うといいです。脂肪注入は自分自身の脂肪を最初にとりますので、その手術をした場所も固定をすることになります。目元は2週間ほどでひと段落しますが、落ち着いてくるのは、3ヶ月後くらいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。