フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のたるみの美容整形で失敗4つを考えてみよう

目の下のたるみの美容整形で失敗しないためには、自分の目元がどのような手術に適しているのかを把握することです。これを知るには、クリニックで医師と十分に時間をかけてカウンセリングを行うことが必要です。
下手なクリニックほど、カウンセリングに時間をかけずに、自分が得意な術式を患者さんに押し付けて目の下のたるみの美容整形手術をしてしまうことがあります。

その術式がたまたまその人にあっていれば良いですが、そうではない可能性もあるので注意しましょう。
もしカウンセリングが不十分だと感じたら、他のクリニックでセカンドオピニオンを受けたほうが良いです。セカンドと言わずに、2〜3件回ってちゃんとしたクリニックを見つけたほうが良いくらいです。

目の下のたるみの美容整形は目元を切除したり、脂肪を移動させる作業が伴うので、失明などのリスクが伴う可能性もあります。そのことも十分意識しておくことが大切です。
失敗しても修正できるから良いと安易に考えないようにしましょう。

目の下のたるみの美容整形で失敗しないために知るべきこと

目の下のたるみの美容整形での失敗例

目の下のたるみの美容整形方法には、余分な皮膚のたるみを切除してしまう方法や、脂肪をとったり、目の下の凹みに脂肪を移動させる方法などがあります。

どれも同じように目の下のたるみの美容整形治療ですが、皮膚の厚さ、脂肪の量、などによってその人に適した手術は異なるので、気をつける必要があります。

術式が自分の目元の状態にあっていないと、失敗してしまうリスクが高くなります。
例えば脂肪を取りすぎて肌が突っ張ってしまったり、結膜を切ったことであっかんべの状態(外反)が長引いて、そのままになってしまうこともあります。

目元が凸凹になってしまうということもあるので、クリニック選びは慎重に行う必要があります。
技術力の高いクリニックを探すならば、クリニックと横のつながりを持っていない第三者機関の美容医療の相談機関を利用するのが安全です。公平な立場から利益度外視でちゃんとしたクリニックを紹介してくれるので、安心して手術が受けられます。

目の下のたるみの美容整形で失敗しないために知るべきこと

「たるみが残る」とはどのような状態か

目の下のたるみの手術とたるみが残ること。

目の下のたるみの美容整形でたるみが残るというのは、かなりたるみがひどいケースかもしれません。もしくは、切開をして処置が甘かった可能性もあります。たるみがひどい場合には、たるみ取りの切開手術を行い、その上で高周波での美容医療機器での、引き上げの美容治療の施術を定期的に受けたり、レーザー治療で皮膚の若々しさを維持するなど、こまめなメンテナンスを繰り返していくことで、皮膚の状態は良いものとなります。

目の下のたるみの整形手術とハムラ法や下眼瞼切開の傷跡

目の下のたるみの美容整形として、ハムラ法は美しい仕上がりにも定評があります。ハムラ法や下眼瞼切開の傷跡は、目立ちにくいとは言われるもの、傷跡は生涯にわたり残るのは、致し方のないことです。それは切開を行う美容整形手術法であれば、ハムラ法を含む土の手術にも、傷跡は残るものという共通項があります。目立ちにくく放ってきますので、時間の経過も大切にすることです。わかりにくい傷跡であるのも、ハムラ法の救いとなるところです。

目の下のたるみの手術法とドライアイ

目の下のたるみの美容整形のリスクの一つに、近年の日本人には余りにも身近な問題となっている、ドライアイになる可能性も否定はできません。目の開きがとても良くなるのはハッピーなことですが、そのために目が乾きやすくなることもあります。脂肪を余りにも多く移動をしすぎても、起こりうる症状です。瞬きを意識したり、あまり目を酷使するような作業は、控えてみることです。そして日頃から、適度に目を休ませましょう。

目元が平らになる

ただし、失敗すると目元のメリハリがなくなってしまったり、不自然に平らになってしまうことがあります。また、結膜側からアプローチするので手術視野が確保しづらく、目元に左右差ができてしまうというケースもあります。

その他にも、目元の手術は失敗すると視覚異常や顔面神経麻痺などの後遺症が残る危険性があるので、手術を受けるときには注意しましょう。

目の下のたるみの整形の名医

目の下のたるみの美容整形を名医に任せることで、良い目元の若返りへの切符を手にすることができます。ハムラ法や下眼瞼切開の美容整形手術法は、目の下のたるみ治療として、とても優秀なものがあります。

名医の上達した腕があれば、手術をした良い状態は、ベストなコンディションで半永久性の歩こうかをもたらすことになります。それにハムラ法や下眼瞼切開を成功させる腕がある慰謝なら、仕上がりはデコボコもない状態になります。

評判のいいクリニックなら、腕のいい医師がいて、チーム医療が充実していて満足のいく結果が得られる可能性が高いです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。