フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のたるみの美容整形するメリットをブログからまとめてみた

目は加齢による影響が出やすいパーツです。重力による影響で目の周りの筋肉が落ちて、皮膚が伸びてしまい、目の下のたるみが形成されてしまいます。ここは化粧ではカバーしきれない部位です。

目の下のたるみの美容整形をするメリットは、伸びてしまった余分な皮膚を切除することで、一気に若返り効果が得られることです。
下まつげの生え際で目の下のたるみを切除して、縫い合わせる手術を行います。

この方法による目の下のたるみの美容整形は、傷口の治りが早く、満足度が高いのが特徴です。
個人差はありますが、だいたいマイナス5歳若返り効果が得られると言われています。

仕事や学校などの関係でダウンタイムがとれない場合には、片目ずつ手術をして、眼帯を取り付ける方法もあります。
クリニックによって柔軟に対応してくれるところとそうではないところがあるので、自分の希望に合わせてくれるクリニックを探すことが大切です。

情報探しは、美容医療の相談機関を利用するのがおすすめです。

目の下のたるみの美容整形するメリットって?

ハムラ法のメリット

目の下のたるみの美容整形で人気があるのがハムラ法です。ハムラ法は、下まつ毛の際の部分のたるみを一部切除し、内側の脂肪をくぼみに止める方法で、たるみがとくぼみを軽減し、若々しい目元を作り出すことができます。

ハムラ法を受ける場合、安いクリニックで約40万円前後からという費用ですが、ハムラ法と脂肪注入などを併用して、目の下にハリを持たせる場合もあり、人によって料金が異なることがあるため、カウンセリングを受けて自分の場合の料金を確認するとよいでしょう。

ハムラ法は、目の下の粘膜の部分が見えてしまう失敗のリスクがあるので、経験豊富で評判の良いドクターがいるクリニックのカウンセリングを受けてから決めることがおすすめです。

どんなメリットがある?

目の下のたるみの美容整形が向いているのは、下まぶたのたるみのせいで老けて見られたり、疲れたような表情に見られてしまう人です。また、目の下の膨らみがくまのように見えてしまう、黒くま(影くま)の人にもメリットが大きいです。

切除による手術であれば半永久的な効果が期待できるので、長持ちする治療方法を希望している人にも向いています。
ただし、目の周りを切開することになるので、神経麻痺や視覚異常などのリスクはあります。

切除しすぎると皮膚が引きつったようになってしまったり、凸凹になってしまうこともあります。

合併症による頻度が高いのは、術後の内出血です。程度の差は人それぞれ違いますが、ほとんどのの患者さんに内出血があらわれます。

目の下のたるみの美容整形で神経麻痺や視覚異常といったトラブルが起こるのは稀ですが、安全に手術を受けるためにも、信頼できる技術力を備えたクリニックを選ぶようにしましょう。

場合によってはセカンドオピニオンなども受けて、万全の状態で臨むようにしましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。