フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のたるみの美容整形のダウンタイムに気をつけること

目の下のたるみの美容整形をして、脂肪を除去する治療をしたあとのダウンタイムでは、不衛生な手や指ではふれあいことです。目の下のたるみの美容整形で脂肪除去をすると気には、現代ではレーザーでの治療になるので、麻酔もしまし痛みは少ないです。メスを使う切開ほど内出血はひどくはないですし、術後に若干の腫れはありますが、翌日から会社には行くことができます。レーザーだから全て安心かというと、そうでもないものであり、傷が完全に治るまでは、清潔にすることと、目を酷使しないことも必要です。夜は遅くまで、パソコンやスマートフォンを見ていると、目が疲れてしまいますし、傷の治りも遅くなるので、早めに寝ることです。完全に傷が落ち着くまでは、目を休められるときには休めることです。顔を洗えるようになったとしても、目元を強くこするのは控えましょう。1ヶ月もすれば落ち着いてきますが、それまでは油断はできませんので、優しい目元へのケアをしましょう。

目の下のたるみの美容整形のダウンタイムに気をつけること

ダウンタイムで気を付けておきたいこと

目の下のたるみの美容整形を美容機器でやった場合、ダウンタイムはそれほど大きくはありません。使用をする美容医療機器にもよりますが、たるみにも効果のある高周波は痛みは感じるものの、内出血になったり、腫れてしまうなどの症状は起こりません。 目の下のたるみの美容整形をしたあとは、熱が加わることから、ダウンタイムで気をつけたいのは、目元の乾燥を防ぐことです。人間の体は熱が加わると、その周辺の水分を奪うようにできています。肌が潤いたっぷりであれば、若々しいプルプルの素肌にもなりますが、水分が蒸発をするとかさつきます。かさつきは、皮膚にたるみやしわをもたらすので、乾燥をする肌状態には、保湿をする必要が出てきます。目の下のたるみ治療で高周波治療をしたら、ホームケアでは目元への水分の保湿をしましょう。なにか特別な化粧品を購入しなくていいので、いつも使っている化粧水をたっぷりと肌につけましょう。美容液や乳液も、一緒に付けるといいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。