フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のたるみの美容整形を受けるのはデメリットを知ってから

目の下のたるみの美容整形を受けるのは、治療のデメリットを知ってからがいいでしょう。若い目元には、当然ながらたるみなどは素音材はしません。ピンとしている皮膚は、艶があって美しいものです。しかしだんだんと年を重ねると、目の下には緩みが出てきて、見事なまでにたるみが出てきてしまいます。そこで美容クリニックでの、目の下のたるみの美容整形をすることで解消をしていく手段があります。治療方法を選択できますので、目の下の脂肪除去を選んだ場合は、しばらくは目の中にゴロゴロとした違和感を感じることがあります。目の下の、メスを使わないたるみ取りの手術は、メスで切ることはないです。レーザーを使って、見えない部分辛坊を取り出しますので、メスが不使用と言われます。しかし、脂肪を取り出すわけですから、術後に目から出血があるなどのデメリットがあります。目元に内出血も出るので、コンシーラーやファンデーションで隠さないと、会社にも行けません。

目の下のたるみの美容整形を受けるのはデメリットを知ってから

知っておきたいデメリットについて

目の下のたるみの美容整形を受けるときに、たるみ解消のために脂肪を入れる方法もありますが、ダウンタイムでは内出血が目立つデメリットがあります。たるんだパーツに、自分自身の脂肪を入れるので、部分やせもできて良いように思うかもしれませんが、脂肪吸引をするのは全身麻酔をしないとならないため、大きい負担になることも事実です。太ももやお腹などの目立たない部分から、脂肪吸引を行います。手術は全身麻酔だから痛くはないと安心していても、術後は痛み止めなしでは生活はできません。1ヶ月はガードルをはきますが、思いがけついきなり手術をした部分が痛み出して、動きが止まってしまうこともあります。目の下のたるみの美容整形を脂肪注入ですると、内出血で悩みます。治りかけの時は皮膚が黄色くなりますが、この状態が広く広がって非常に目立つのです。会社は1週間は休んだほうが無難ですし、サングラスなどがないとかなり目立つのも辛いところでしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。