フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のしわの美容整形に失敗したらどうなるか知ってた?

目の下のしわの美容整形に失敗したらどうなるか、知っていくべきでしょう。目の下のしわの美容整形として、美容クリニックでよくあるのは、皮膚へのボトックス注入の治療方法です。もしも目の下のしわ治療で失敗をしたら、様々な不調を感じやすくなります。しわを気にするあまり、大量のボツリヌス菌製剤を、皮膚の内部へと入れてしまったとしたら、施術後に頭痛を感じることがあります。熱っぽい感じがして、軽い風邪のひきはじめのような体調の悪さを体感するケースも出てきます。

ただこの調子の良くない症状は、ほんの一時のものなので、数時間は様子を見て安静にすると、症状はやがて消えていきます。ただ個人差がありますので、大量のボツリヌス菌製剤の影響によって、めまいを感じたり、吐き気が出てきたり、ひどくなると高熱が出ることもあります。ボトックスはアレルギーはないと言われている薬剤ですが、本当に稀に、注入でアレルギーを起こすことがあります。

目の下のしわの美容整形に失敗

どんな失敗例がある?

目の下のしわの美容整形で、ヒアルロン酸で失敗した場合、肌の状態の見た目に問題が出てきます。目の下のしわの美容整形には、副作用もなくヒアルロン酸は安心して使えると言われてはいますが、そのまま吸収されないで残ってしまうことがあります。それが、しこりと呼ばれる症状であり、目の下の皮膚が薄いパーツなので、非常に目立ちます。しこりができても、体にとっては特に無害なので、人体的には問題はないのですが、美容という観点ではマイナスの要素になります。皮膚の薄いとことに注入をしますので、均一に注入ができないと凸凹になるという失敗を起こすことになります。目の下の皮膚が凸凹になってしまうと、マスクで隠して生活をしないとなりません。ヒアルロン酸を均一に注入をすることは必須であり、馴染ませるために、優しい力でのマッサージをするのも手です。水分は化粧水で入れながら、体内にも補給をすることで、目の下には影響を与えやすくなりますので、心がけてみてもいいでしょう。

目の下のしわの美容整形に失敗したらどうなるか知ってた?

目の下のしわの美容整形での失敗として起こる「ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性」って?

ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性が懸念されています。

注入系の美容医療の中でも、目の下のしわの美容整形によく使われるのが、ヒアルロン酸とPRPです。ヒアルロン酸は水分保持力に優れているので、注入するとふっくらとした肌になります。PRPは、患者さんの血液から多血小板血漿を取り出し、これを注入します。血小板には、肌を若返らせることができる成長因子が含まれているので、若々しい肌を取り戻すことができます。しかしながら、懸念される点はヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性です。

FDA未認可のヒアルロン酸注入やPRPがある

ヒアルロン酸とPRPが目の下のしわの美容整形として人気がある一方で、副作用と危険性が懸念されているのは、FDA未認可のヒアルロン酸注入やPRPがあるからです。FDAとは、米国の政府機関の一つである米国食品医薬品局のことです。FDAによって、品質・安全性・信頼性が認められた製品だけが承認を得ることができますが、未認可のものは、品質・安全性・信頼性を証明できるものがないため、トラブルが発生するリスクが潜んでいます。

施術効果がないと感じる人もいる

ヒアルロン酸注入は、安全性が高い施術と言われていますが、失敗するケースも多発しています。目の下の皮膚は薄いので、注意深く注入しなければいけませんが、未熟な医師の場合、腫れたり、でこぼこになったりして、施術効果を得られないことがあります。そして、PRPは効果があらわれるまでに1ヶ月以上かかると言われています。また、効果のあらわれ方は人によってまちまちで、中には効果がないと感じる人もいます。

経験と技術を併せ持つ医師がおすすめ

目の下のしわの美容整形には様々な選択肢がありますが、ヒアルロン酸注入やPRPは手軽に受けることができるので人気があります。その一方で、リスクもあるため、リスクが起こった際もきちんと対応してくれるクリニックを選ぶことが大切です。そして、注入系の美容医療は定期的な施術が必要になるため、アフターケアも整っていることも欠かすことはできません。さらに、経験と技術が必要な施術なので、医師の経歴を確認することをおすすめします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。