フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目の下のこけの美容整形に失敗したらどうなっちゃうの?

人間の顔は加齢の衰えなどによって全体的にやせ細ったり、ほほや目の下がこけて貧相なイメージがでてしまう場合があります。これは不健全にも見えて特に女性にはマイナス要素になってしまうこともあり精神的にも大変な負担になります。またメイクでカバーしきれないことも多いようです。

そのような悩みを解消する為に目の下のこけの美容整形があるのですが、残念なことに失敗例は出てしまうようです。この施術を受ける際に残念な結果を避ける為にはどのような症状になるのか、どうしたらいいのかを知っておくと回避することができるといわれています。近年目の下のこけの美容整形メニューは様々あり、症状に個人差がある為、医師がカウンセリングした後、最適な方法を薦めてもらうことができます。代表的なのがこけた部分に脂肪やヒアルロン酸などの人体に無害で安全とされる素材を注入する方法、専門の機器を照射し皮膚のはりや弾力を再生させる力を促すレーザー治療などがあります。

目の下のこけの美容整形に失敗したらどうなっちゃうの?

施術の失敗例について

施術方法自体は切開などの大掛かりな手術ではなく、術後もすぐに通常の生活を送れるものなのですが、患者の個人差や医師の経験値・判断力などに左右される部分があります。目の下のこけの美容整形も失敗例としては注入した部分が硬くなる・しこりになる、または腫れてしまい不自然になり結果皮膚の見た目がぼこぼこと歪になってしまうこともあるようです。

このようになってしまうと注入した素材が吸収されて元通りになるまで時間をかけて待つか、施術したクリニックの再診を受けて医師の診断を受けることになります。目の下のこけの美容整形が切開などの手術が必要ないといっていかにも簡単にできる、気軽にできるといった薦め方をするようなクリニックは要注意です。どのような簡単な施術であっても慎重さは必要ですのでカウンセリングの時点でよく話し合い少しでも気になることがあれば納得のいくまで話し合い、その上で施術を受けることができるクリニックを探すことがポイントになります。

目の下のこけの美容整形に失敗したらどうなっちゃうの?

目の下のこけの美容整形での失敗例で、「感染」する事があり得る

目の下のこけ治療の感染。

目の下のこけの美容整形において、感染なども心配は皆無ではないことも承諾をしておきましょう。切開による大きな手術法とは違い、こけへの注入という処置は、切開ほどの傷跡が残るようなものではありません。だからこそ簡単に考えてしまう部分がありますので、その注入をした部位を、気になってつい手で触れてしまうのです。針の穴のあとは数日で消えますが、そのあいだにバイキンがそこから入らないよう、触れないことです。

目の下のこけはレーザー治療で効果が出ない

目の下のこけの美容整形をするためには、レーザー治療で効果が出ないのは仕方のないことです。目元は非常に皮膚も薄くて、筋力も加齢とともに低下をしやすいものです。目の下の皮膚の状態が、もっとイキイキとしたハリのある状態になりたいと思ったら、レーザー治療で皮膚細胞を活性化するのはいいことです。ですが問題は、既にこけているという点にあるため、もっと根本的な対処をしないと改善にはならないということになります。

目の下のこけのPRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化

目の下のこけの美容整形には、PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化といった、治療法と副作用との二面性があります。全ての人間にこうした注入で副作用が出るとは限りませんが、その可能性は低くはありません。ヒアルロンさんや脂肪も入れたら、そこをむやみにこすればいいということでもないため、お医者さんの指示に従う必要があります。目の下には必要な注入処置をすれば、良い状態に変わります。

目の下のこけ治療のおすすめ

目の下のこけの美容整形でのおすすめの対処は、注入系の治療をしたあとは、針の穴が完全にとじるまでは、不衛生な手や指では触れないようにすることです。メスを使う手術みたいに、ロングタイムのダウンタイムはないので、ほんの数日のことなので、自分で意識をすればできることです。そして目の下のこけにはレーザーなどではなく、やはり盛り上げる治療です。おすすめは自然に仕上がる、ヒアルロン酸などの注入系ということになります。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。