フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

目尻のしわの美容整形に失敗したらどんな状態になるの?

目尻のしわの美容整形に失敗したら、どのようなことになるのでしょう。目尻のしわの美容整形で、ヒアルロン酸を選んだとしたら、失敗としては、皮膚の表面がデコボコになることが考えられます。目尻の皮膚は大変薄くて、そこにあるしわを、ヒアルロン酸などで盛り上げる方法ですから、とても繊細な技術力を必要とします。

目尻に注入をするのは、ヒアルロン酸にアミノ酸等を含んだものであり、小じわなどを改善するには最適なものです。目尻の皮膚が乾燥をして、皮膚のキメが乱れている人にも、肌のハリが低下していて、しわが目立つ容易なった人にも向いています。目尻の小じわにも最適なのですが、多すぎる注入はそのうちに吸収をするといっても、見た目には違和感が出てしまいます。たくさん入れてもバランスが整わなくては、おかしな見た目になるだけです。多く入れすぎたら直すことにあり、修正するには分解注射を使ったりするので、かなり厄介になります。

目尻のしわの美容整形に失敗

ボトックス注射の失敗例とは

目尻のしわの美容整形に失敗するケースとして、ありがちなのがボトックス注射でのことです。目尻のしわの美容整形は、美容クリニックではもはや定番の若返りメニューです。しかし、ボトックス自体が筋肉のう動きに作用しますので、注入をする位置や容量によっては、目元の動きが不自然になることがあります。しわは伸びたとしても、目元が自然な動きができなくなると、なんとなく冷たい印象を周囲に与えてしまうこともあります。自分では笑っているつもりでも、ボトックスの成分が働くために、筋肉が柔軟に動かなくなってい、優しい笑顔は作れなくなってしまうことがあります。ですがボトックス注射が救いなのは、数ヵ月後には消えてしまうということです。しばらくは不自由な、不自然な目元の表情にはなったとしても、数ヶ月もすれば元のように目元は自然に動かせるようになります。目尻の治療としては、再度ボトックスをするのもいいですが、病院は選んだほうがいいでしょう。

目尻のしわの美容整形に失敗したらどんな状態になるの?

目尻のしわの美容整形に失敗して効果がないってどういう状態?

施術を受けたのに効果がないことも。

ボトックスやヒアルロン酸など目尻のしわの美容整形に頻繁に使われている成分は、体内で吸収されやすい性質を持っているのでせっかく施術を受けても数週間で皮膚に溶け込んでしまい効果がないと感じる人もいます。長くても数カ月から1年が限界なので、目尻を切開したり半永久的に効果が持続するタイプではない施術法を選んだ場合は頻繁にクリニックに通って成分の注入を続けないとしわを解消することができません。

ボトックス注射やPRPの副作用と危険性に注意

年齢を重ねるとどうしても避けられないのが目尻にできる小ジワで、だんだんしわが深くなってくるとメイクで隠しきれず老け顔になってしまうので目尻のしわの美容整形をするのが有効です。ボトックスを注入する方法は手軽にできて知名度も高いので多くの人が利用していますが、ボトックス注射やPRPの副作用と危険性を知らずに施術を受けると体質に合わず皮膚の下でかゆみや炎症などのトラブルを引き起こすこともあります。

FDA未認可のボトックス注射やPRPがあるので安い治療は危険

ほかのクリニックに比べてあまりにも値段が安い美容外科やエステサロンだと、厚生労働省などの許可を得ていない怪しい薬品を使っている場合があります。中国製などFDA未認可のボトックス注射やPRPがあることを知っておかないと、安価な施術費用だけに魅かれて危険な薬品を体内に注入してしまって発がんリスクが高まったり皮膚病になってしまう恐れもあるので、施術の前に使用する薬の安全性を確かめるようにしましょう。

目尻のしわのおすすめな施術法とは

まだしわがそれほど目立たず小さな小ジワ程度の状態なら極細の針を刺して成分を注入するタイプのプチ整形でもじゅうぶん対処できますが、かなりしわが深くなっていてボトックスなどでは効き目がないくらい症状が進行しているなら軽く切開したり余計な皮膚を切り取る方法で目尻のしわの美容整形をするのがおすすめで、1回の施術で半永久的な効果が得られるのでずっと若々しい目元を維持することが可能になります。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。