マリオネットラインのたるみの美容整形で起こり得るリスク3つ

ほうれい線とはまた別の、口の両脇からあごに伸びる2本の線のことをマリオネットラインと言います。

このマリオネットラインのせいで実年齢より見た目が老けて見えることに悩んでいる女性の方は非常に多いため、マリオネットラインを消すことが可能なマリオネットラインのたるみの美容整形の人気は近年高まっているといった傾向があります。

施術内容としてはヒアルロン酸などの注入系治療が多く、比較的費用も時間もかからない美容整形の一種だとされているのですが、100パーセント失敗が無い施術というわけでもないためある程度のリスクを覚悟しておく必要があると言えます。

マリオネットラインのたるみの美容整形の失敗例としては顔の中央部分の引き上げが難しいため希望通りの顔にならない、マリオネットラインのみの引き上げを行なった性でほうれい線が目立ってしまい余計に老けて見えるようになってしまったなどが挙げられます。

必ずしも希望に合った結果にはならないということを覚えておくといいでしょう。
マリオネットラインのたるみの美容整形にはリスクがいっぱい!?

理想と現実の違いにリスクはつきもの

とはいえマリオネットラインのたるみの美容整形の技術は年々進化しているため、リスクやデメリットも最小限で抑えられるような施術を取り入れている美容整形外科も増加傾向にあります。

しっかりとした実績のある美容整形外科でカウンセリングを受けて、その後医師と患者の双方が納得できるような治療が行われれば、失敗はほぼほぼ無いのだと想像しておいて構わないのです。

ただ残念なことに腕の悪い医師が在籍しており、質の悪いマリオネットラインのたるみの美容整形を今でも行なっているといった美容整形外科が存在するのもまた事実ですので、マリオネットラインのたるみの美容整形手術を受ける際には各クリニックの評判や口コミ情報に目を通しておくといいでしょう。

実際の利用者の声を参考にするだけで悪質な美容整形外科を避けることが可能となりますし、コストパフォーマンス面に優れた美容整形外科がどこなのかの確認も容易に行なえるようになるためおすすめです。

フェイスリフトによるひきつれ

マリオネットラインのたるみの美容整形には「フェイスリフトによるひきつれ」などのリスクがある!

フェイスリフトは、耳の後ろあたりを切開し、たるんだ皮膚を引っ張って縫合する方法ですが、即効性があり、効果も見た目ですぐにわかり、持続性も高いというメリットがあります。

しかし、ひきつれを起こしてしまったり、見た目 が不自然になってしまうという失敗例もあります。
クリニック選びはとても重要なポイントになってきます。

レーザー治療で効果が出ない

マリオネットラインのたるみの美容整形において、メスを使わない代表的な方法として、レーザー治療があります。
美容外科クリニックや美容皮膚科でできますが、レーザー治療で効果を感じることができない場合もあります。

しかし、即効性がないため、しばらく経ってから効果が出る場合もありますので、経過をよく見ていきましょう。

リフトアップしない・若返らない

マリオネットラインのたるみの美容整形で、リフトアップを行う方法には、メスを使わないレーザー治療、そしてフェイスリフトなどの方法を用いることもできます。

若返ららない、という場合、その施術方法に問題があるケースもあります。やはり医師のアプローチ方法というのはそれぞれ異なりますので、理想的な施術をしてくれるところを探しましょう。

理想的な施術を受けるために

マリオネットラインのたるみというのは、年齢肌のサインでもありますし、やはり見た目年齢も挙がってしまいますので、対策をしたいものです。

美容整形でも様々な方法がありますし、それぞれの症状に合わせた方法を選択していくこと、さらに実績のある名医と言われている医師に依頼することがおすすめです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。