フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マリオネットラインのたるみの美容整形のアフターケアとしてすべきこととは

鼻から口の端の部分まで目立つラインがほうれい線です。このほうれい線をさらにこえて、顎の部分まで伸びるラインをマリオネットラインといいます。このマリオネットラインは、表情筋の衰えが原因でたるみが発生しやすい部分です。年老いて見える、太った顔に見えるなどの、美容的な悩みが生じやすくなっています。
マリオネットラインのたるみの美容整形を行えば、すっきりとした口元と顎にすることができます。やり方として何種類か存在しますが、それぞれの施術方法ごとのアフターケアを適切に実施することで、マリオネットラインのたるみの美容整形の効果が飛躍的にあがります。
アフターケアとは、術後の過ごし方のことです。施術を行った部位に気を使うのは当然ですが、普段何気なく行っている生活の行動そのものに気をつける努力が必要になってきます。うっかり間違った過ごし方をしていれば、施術の効果が台無しになったり、悪い方向へ進んでしまう危険がありますので、注意しましょう。
マリオネットラインのたるみの美容整形のアフターケアとしてすべきこととは

アフターケアは刺激を与えないことが大切です

マリオネットラインのたるみの美容整形として、簡単な方法がヒアルロン酸注射です。たるんだ部分にヒアルロン酸を注入することで、ハリを取り戻してたるみの解消ができるようになります。
ヒアルロン酸注射では注射器を使いますので、ダウンタイムはほぼ不要です。術後にメイクができるほど、負担が少なくなっています。アフターケアとしては、施術した部位を強く擦ったり、刺激を与えないようにしてください。洗顔については医師の指導に従いましょう。血流を促すようなことはしばらく控えます。腫れが強く出たり、内出血を起こすリスクが高まるからです。
プレミアムオートファイバー法というマリオネットラインのたるみの美容整形があります。脂肪注入の一つですが、これも注射器で注入する方法ですので、ヒアルロン酸注射とほぼ同じアフターケアを行うようにします。
ヴィーナスリフトは特殊な糸を埋め込みます。施術を受けた後、1週間くらいはマッサージするのを避けてください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。