フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マリオネットラインのしわの美容整形のダウンタイムと注意点

エイジングのサインとして、法令線は割とわかりやすさがあります。おなじくらい悩ませるラインというのが、マリオネットラインのしわの目立つことです。女性の顔の老化の悩みで、法令線とゴルゴライン、そしてマリオネットラインは、老けた印象になるため、早い時期に対処をしておきたい肌悩みです。でも忙しくてお肌のケアが十分でなく、マリオネットラインに目立つしわが出てきてしまったら、エステではなく美容医療の治療があります。マリオネットラインのしわの美容整形の方法は選ぶことができますが、しわは専用の医療用の糸を入れて引き上げる手段もあります。糸を挿入する方法は、皮膚を切るよりはダウンタイムは少ないものです。完全に傷口が落ち着くまでには、多少の痛みを感じたり、内出血や腫れを感じることがあっても、2週間くらいしたら消えていきます。マリオネットラインのしわの美容整形をして、ダウンタイムでは、激しいスポーツをしたり、体温を急上昇させないようにしましょう。
マリオネットラインのしわの美容整形のダウンタイムと注意点

施術後のダウンタイムと外見について

あごの方へと向かって目立ちやすい2本のマリオネットラインは、若さを一気に消滅させるほどの、嬉しくはない見た目に変えてしまいます。このラインのしわは、絶対に消せないものではありません。市販の化粧品を使っても、簡単には消すことができなくても、マリオネットラインのしわの美容整形であれば、スッキリと目立たなくなります。美容整形の方法はいろいろあるので、本人の希望や予算との兼ね合いで決定します。マリオネットラインのしわの美容整形を希望する際、できる限り早い改善を期待するなら、しわにはヒアルロン酸を注入して押し上げるのが一番早いです。ヒアルロン酸を打つときには針を皮膚に刺すので痛みがありますが、麻酔や冷やすなどの対処があります。ダウンタイムでは痛みはほとんどないものの、内出血が出たら1週間から2週間ほど時間は必要です。肌に腫れ を感じるようであれば、マリオネットラインの治療をした部位を、保冷剤等でクールダウンさせましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。