フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マドンナリフト(アイリフト)の失敗としてあり得る事

失敗例をご紹介

マドンナリフト(アイリフト)は、レーザーを目元に照射することによって肌を再生させて若返らせる施術です。最新のフラクショナル炭酸ガスレーザーを使って、まぶたの周りの皮膚に小さな穴を開けていきます。そして、開けた穴の周りに熱を発生させることによって周囲の皮膚が収縮し、新たなコラーゲンが生成されていきます。

その結果、肌が引き締められて、たるみやしわなどが改善されるというわけです。マドンナリフト(アイリフト)は、皮膚にメスを入れずにレーザー治療のみでたるみを解消できます。そのため、傷跡が残ることもありませんし、身体への負担も少ないので、ダウンタイムを抑えることが出来ます。比較的たるみが軽めの方に効果を発揮する施術でもあります。このように、マドンナリフト(アイリフト)は、身体に負担をかけずにたるみやしわを解消できることがメリットですが、時には失敗するケースもあります。それは一体どんな失敗なのでしょうか。

マドンナリフト(アイリフト)の失敗としてあり得る事

効果は半永久的ではない

マドンナリフト(アイリフト)は、皮膚にメスを入れずにレーザー治療のみでたるみやしわを解消できる施術です。そのため、切開を伴う施術に比べればダウンタイムが短いですし、傷跡も残らないというメリットがありますが、半永久的には効果は持続しないので、定期的に施術を受け続けなければなりません。すると、繰り返しレーザーを照射してきたことによって色素沈着が起こって、切開後の傷よりも目立ってしまったという失敗が起こることがあります。また、効果を出したくて強く照射をすると、逆に肌トラブルを招くこともあるのです。

そして、マドンナリフト(アイリフト)は、切開を伴う施術と比べると、たるみやしわを解消する効果が劣ってしまいます。そのため、繰り返し施術を受ける人が多いですが、マドンナリフト(アイリフト)は,そもそもたるみが軽めの方に向いている施術なので、この施術が自分のたるみやしわを解消するのに合っているのかを、よく考えてみる必要があります。

マドンナリフト(アイリフト)の失敗として「色素沈着」という事がある

マドンナリフトと色素沈着。

マドンナリフト(アイリフト)には色素沈着を起こすリスクがあるのは、美容治療の内容が炭酸ガスレーザーを利用した施術方法であるためです。マドンナリフトの施術を行ったら、そのあと数日は、皮膚がかなり敏感な状態になります。紫外線をそのまま浴びてしまうと、マドンナリフトのレーザー照射治療を受けた皮膚は、そのままダメージを受けてしまいます。日焼けをしやすい上に皮膚にそれが残りやすいため、色素沈着を起こします。

マドンナリフトとやけど

マドンナリフト(アイリフト)の美容治療は、医療機器でのレーザー治療であるために、皮膚のやけどのリスクも隣り合わせです。炭酸ガスレーザーは皮膚の総入れ替えをすることでも有名であり、それを目元専用の出力で可能としているのが、マドンナリフトのアイリフトです。美容医療機器の炭酸レーザーの危機は、高い照射ができるために、出力の設定を上げすぎてしまいますと、目元の皮膚にも、やけどを負うリスクは高まります。

マドンナリフトとたるみへの効果が無いことについて

マドンナリフト(アイリフト)のレーザー治療を受けたにも関わらず、たるみへの効果が無いと感じるのであれば、それは出力の設定が低すぎたのか、1回では治療としても足りなかったかです。マドンナリフトはほかのパーツに照射するよりも、レーザーの出力が調整されている炭酸ガスレーザーの機器です。無理にレーザー出力を上げることは、皮膚へのダメージを煽るだけです。必要な出力で、数回を行うなどして改善をさせることです。

マドンナリフト(アイリフト)の失敗としてあり得る事

マドンナリフトはおすすめ

肌の状態を改善する効果があるイントラセルの手術によるリスクは、皮膚の弱い人でも手術を行う医師の腕次第では対処が可能です。実際の手術現場での経験を積んだ名医であれば、患者の個々の状態を見ながら調整して施術するので失敗が避けられます。

肌の質が弱い方でこの手術を希望されるようなら、施術はベテランの医師に依頼するのが一番です。名医に依頼することでリスクに対しての解決方法を相談しながら、安全に手術に臨むことができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。