フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マドンナリフト(アイリフト)で起こりえるリスクにはどんなものがある?

マドンナリフト(アイリフト)とは、レーザーを照射してエイジングケアを行う治療法です。炭酸ガスフラクショナルレーザーという微小なレーザーを肌に照射して、多数の点状の穴を開けながら熱を加えることで皮膚が収縮することで、コラーゲンの生成を促進させて肌を引き締めます。それによって、目元のたるみやシワを改善しますが、顔全体にも効果を発揮します。マドンナリフト(アイリフト)という施術名は、ミュージシャンのマドンナがこの施術を絶賛したことからつけられました。これはメスを一切使用せずに施術が出来るので、身体への負担も少ないですし、ダウンタイムも大幅に軽減させることが出来ます。また、切開手術に抵抗がある方でも比較的受けやすい施術です。このように、マドンナリフト(アイリフト)には様々なメリットがあります。しかし、どんな施術にも、ある程度のリスクは存在するものです。では、この場合はどんなリスクがあるのでしょうか。
マドンナリフト(アイリフト)で起こりえるリスクにはどんなものがある?

施術法を判断してもらうこと

マドンナリフト(アイリフト)は、レーザーの照射によってたるみやシワを解消する施術ですが、切開手術と比較すると、その改善効果が劣ってしまうというリスクがあります。そのため、個人差はありますが、1回の施術では効果が現れない方もいます。その場合は、何度も施術を受ける必要が出てしまいます。マドンナリフト(アイリフト)は、何度も繰り返し受けられる施術ですが、出力が強いと色素沈着を引き起こしてしまうこともあります。また、その他にも、施術を受けられる方に条件があって限られてしまうという点も挙げられます。光線過敏症の方や、「金の糸」を施術された方や、日焼けしている方やこれから日焼けする方は受けることが出来ません。そして、たるみが重度の場合は、レーザー照射だけでは効果が現れないこともあります。そのため、これらのリスクを回避するためにも、レーザー照射がいいのか、それとも切開手術にすべきなのかという点を、医師に的確に判断してもらう必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。