フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

マドンナリフト(アイリフト)のアフターケア、やっちゃダメなこととは?

マドンナリフト(アイリフト)は、イタリアDEKA社が開発した進化型フラクショナル炭酸ガスレーザーのSmartXide2(スマートサイドスクエア)を利用して行う美容整形の手法の一つになっています。顔のたるみや、眼瞼下垂を治療することが可能であり、日本全国で治療ができるクリニックが増加しています。具体的なマドンナリフト(アイリフト)の治療方法は、炭酸ガスレーザーによって、目で見ることが全くできないほどの、超微細な孔を皮膚にあけて、その孔を治癒する過程で肌の表面積が縮むことによる皮膚の引締めを行う治療法です。メスで切ったりすることがないため、安全性が非常に高い治療法になっていて、アフターケアがほとんどいらない治療であるため、気軽に治療しやすい方法になっています。コラーゲン増産作用に効果があるため、肌に潤いを与えることが可能になっているため、アンチエイジング治療に効果的であり、人気が高まっています。
madonnarifutonoaftercare

細かいケアは必須

マドンナリフト(アイリフト)の施術では、麻酔を利用しますが、チクチクとするような痛みを生じる可能性がありますが、我慢できる程度の痛みであるため、安心できます。瞼の治療の場合は5~10分、顔全体の治療の場合には20分ほどで治療をすることが可能であり、治療の後に入院する必要がありません。マドンナリフト(アイリフト)の施術の後は、施術部位が日焼けをした後のようなほてり感が生じたり、軽度の腫れや赤みが生じる場合もありますが、徐々に引いていくため、あまりケアをしなくても大丈夫です。肌が乾燥しやすい状態になる場合が多いため、マドンナリフト(アイリフト)のアフターケアで必要なことは、肌に充分な保湿を与えることであり、日焼けの処置と同じようなことを患部に施すだけで大丈夫です。メイクや洗顔は、施術をした翌日から行うことが可能です。しばらくの間、紫外線や摩擦などには注意する必要があるため、日傘を使うなどの処置をする必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。