フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のたるみの美容整形を選ぶメリットが知りたい

美容整形というと目を二重にしたりシワ取りなどを思い浮かべる人が多いですが、実は唇のたるみの美容整形を行う人も年々増えてきているのです。シワは顔の皮膚に限らず、唇にもしっかり刻まれてしまいます。この部分にシワやたるみが多いと、それだけで驚くほど老けた印象の顔になってしまうのです。
個人差はありますが、たるみやすい肌質の人であれば20代後半から気になる症状が現れることもあります。年齢を重ねれば重ねるほど、たるみはどんどん酷くなっていくので、できるだけ早く唇のたるみの美容整形を受けることが大切です。
唇のたるみを改善すると、若々しい印象になるだけでなく、ぷっくりと張りのある魅力的な形を手に入れられるというメリットもあります。しかも唇は粘膜の一種であるため、整形の傷が治りやすく目立ちにくいというメリットもあります。施術の方法には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なるので事前に情報を集めて自分に合った術式を選ぶようにしましょう。
唇のたるみの美容整形を選ぶメリットが知りたい

メリットはどんなのがある?

唇のたるみの美容整形としては、ヒアルロン酸を注入する注入法と、メスで理想的な形に縫合する粘膜弁法というものが一般的です。
注入法で使用されるヒアルロン酸は保水力が高く、肌の保湿だけでなく唇のたるみの美容整形にも適しています。似たような効果を得られるものとしてコラーゲン注入もありますが、人間の体内に自然に存在するヒアルロン酸を使った方がアレルギーなどが起こりにくいというメリットもあります。また、半年ほどで成分が吸収されて消えてしまいますが、1回の注入にかかる費用が少ないために経済的にも負担が軽くなっています。
一方粘膜弁法は、一度施術すれば半永久的に効果が持続するというメリットがあります。唇の内側の粘膜を切開し、真ん中あたりで縫合することでたるみを改善し、厚く張りのある唇を直接作ることができます。ヒアルロン酸注入と比べて費用はかかりますが、一生効果を得続けることができるのでトータルで見れば結果的には安く済ませられる可能性もあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。