フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のしわの美容整形の修正って簡単にできる?

若いうちは唇にもボリュームがあってハリと潤いが保たれてきていますが、加齢とともにカサカサしやすくなりボリュームが減り、上唇はとくに縦じわが多くなってきます。唇のしわの美容整形として、気軽に行えるのはヒアルロン酸の注入です。一般的な注入に使われるタイプでも、ある程度ボリュームの回復やしわを消す働きがありますが、低分子ヒアルロン酸を用いることでしわの解消だけでなく、唇の色を美しくしたり潤いが戻ってきます。1年程度持続させるためには、3週間おきぐらいに3回ほど注入が必要になります。

低分子ヒアルロン酸も注入しすぎてしまえば、不自然な腫れぼったい唇になってしまい、修正することは難しくなります。ヒアルロン酸を溶解させる、ヒアルロニダーゼを使うことで分解して行きます。唇のしわの美容整形の修正はすぐに効果が実感できる場合もありますが、1週間程度むくんでからヒアルロン酸が吸収されて戻る人もいるので、マスクが欠かせなくなる人もいます。
唇のしわの美容整形の修正って簡単にできる?

何度も修正するのはイヤ!

唇のしわの美容整形で頻繁にヒアルロン酸の注射を行いたくなければ、脂肪を注入して縦じわを目立たなくする方法もあります。一度入れれば効果は永久的であるため、唇のデザインを考えて注入してもらう必要があります。脂肪の量が足りなければしわが解消されずボリュームも足りないため再度行う必要性が出てきてしまいますし、入れすぎてしまったら脂肪を抜いたり分解させる注射で修正する必要が出て、簡単ではないので以前よりも口元の状態が酷くなってしまうことがあります。

ヒアルロン酸や脂肪を注入する場合、唇の構造やデザイン、感染症などの知識を有していて、施術後のケアもきちんと行ってくれる医師に対応してもらうことが成功につながります。唇のしわの美容整形は、ほかにも皮膚組織の再生を促すたんぱく質の1種、線維芽細胞増殖因子を注入する方法などもありますから、唇の状態に合わせた適切な処置ができることも重要です。

唇のしわの美容整形の名医をすぐに見つけることは難しいので、当相談所では名医のご紹介を行っています。少しでも時間を無駄にせず唇を変えたい人は、気軽にお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。