フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のしわの美容整形のダウンタイムが長引くのってどんな人?

唇の縦じわが気になるという方も、多いのではないでしょうか。
縦ジワは加齢によって出来やすくなります。
唇は乾燥しやすく、また紫外線の影響を受けやすい事もあり、老化が進みやすい部位です。
ですので年齢を重ねるごとに、唇の縦ジワは深くなる傾向にあります。
リップクリームを塗ったりなど自己流のケアで、改善する事が難しい縦じわですが、
唇のしわの美容整形を受ければ解消できます。
美容系クリニックではヒアルロン酸を使った、唇のしわの美容整形が受けられます。
ヒアルロン酸を注射器で注入し、唇にハリ感を出す事で縦じわを目立たなくするのです。
メスを使わないプチ整形ですので、気軽に受けられるとして人気です。
唇に注射針を刺すと聞くと痛みが心配になりますが、施術前には表面麻酔を施すので、痛みを感じるという事はありません。
ただし、プチ整形といっても施術後には、ダウンタイムが存在しています。
ダウンタイム中は痛みは腫れ、内出血といった症状が起こるので注意しましょう。

唇のしわの美容整形のダウンタイムが長引くのってどんな人?

ダウンタイムは安静に過ごすべき?

ヒアルロン酸注入による唇のしわの美容整形では、施術後にダウンタイムの期間があります。
施術後は痛みと軽い腫れ、むくみといった症状が現れます。
これらの症状は3日もすれば自然と収まるケースがほとんどです。
痛みが酷いという場合は鎮痛剤を服用したり、冷たいタイル。アイスパックでケアすると多少痛みは治まります。
これらの他に内出血が起こるケースもあるようです。
施術の際に注射針を刺すので、その部分に内出血が起こるのです。
内出血は1週間程度で回復します。
ただし、医師の技術が低い場合、これらの症状が強く出るケースがあるので注意しましょう。
特に出血は酷い場合、2週間程度続く事があります。
唇のしわの美容整形を受ける際は、ダウンタイムの事も考えて、技術力の高い医師を選ぶ事が大切です。
自分で医師を探すのは大変・・という方は当相談所をご利用ください。
ヒアルロン酸注入法や、唇のしわの美容整形に長けている医師をご紹介しています。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。