フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

唇のしわの美容整形を受けるデメリットって?

唇は皮膚ではなく粘膜で出来ています。皮膚よりもターンオーバーが早く回復しやすいことから皮脂腺がなく乾燥しやすいです。
そのため老化や紫外線などの原因により乾燥してくると唇のふくらみも少なくなりしわができやすくなります。

紫外線だけでなく、しゃべったり食べたり化粧をしたりとさまざまな刺激に常にさらされているだけに保湿してやるなど唇のケアもきちんとやっていないとシワは出やすいです。保湿を心がけたり唇のパックやマッサージをしてやるなどスキンケアに勤めましょう。唇周りの筋肉トレーニングもシワ予防につながります。ただケアをしたからといってすぐにシワがなくなるというわけではありません。顔のケアと同様に、毎日継続してケアしてやることが必要なのです。即効性を求めるなら
唇のしわの美容整形も検討しましょう。
ふっくらと美しい唇を取り戻しましょう。

ただ、唇のしわの美容整形は即効で効果がある変わりに持続しにくいというデメリットはあります。
唇のしわの美容整形を受けるデメリットって?

唇のしわを取る際のデメリットについて

唇のしわの美容整形というとヒアルロン酸注入手術があります。注射を打つだけなので10分ほどで終了、とても手軽な手術です。安いところだと1本3万円ほどで受けることができます。術後すぐにメイクできるので、デート前に施術を受けに行ってもよいでしょう。

ただ、唇のしわの美容整形は手軽なかわりに効果が半永久的ではないのはデメリットです。ゆっくりとヒアルロン酸が体内に吸収されていくことから数ヵ月後には元通りに戻ってしまうのです。シワのないぷっくり唇をキープするには定期的に施術を受けなければならないです。

手軽な整形手術ですが、場合によっては内出血が出たり腫れたりというケースもあります。症例数の多い信頼できる医師選びが重要になります。唇は痛みを感じる機能も優れているので痛みに弱い人は麻酔など痛みを取り除くためのケアをきちんとしてくれるところを選ぶ必要があります。

注射を打つ位置や深さでデザインは変わってきます。経験の少ない医師だと不自然になってしまうこともあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。