フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

首のしわの美容整形のリスクとして考えられるのはどんなこと?

首のしわの美容整形で首のリフトの手術をするとしたら、傷跡が残るリスクがあります。首のしわは年齢を表現しますので、顔の肌をエステでキレイにしていても、首にはしわが出ていて年齢を隠しきれないものです。一度出来てしまった首のシワは、まるで形状記憶のように、首に見事なまでに深いしわとなってしまいます。首のしわの美容整形としても、皮膚を切開して引き上げてしまのは、確実性がありますが、傷跡が頭皮に残ることは否めません。髪の毛で隠れるので目立たないとは言われますが、髪の毛は年齢が上がると少なくなっていきます。白髪にもなれば、皮膚が見え始めることもありますし、髪をアップにして傷が見えることも考えられます。何よりもリフトの美容整形をしてしまうと、ヘアサロンへ行くのが辛くなります。美容院では美容師が、頭皮にじかに触れますので、リフトの傷は人に知られやすくなってしまうリスクが高いです。美容師は何も言わないものの、頭皮の不自然さには勘付くはずです。

首のしわの美容整形のリスクとして考えられるのはどんなこと?

リスクを少しでも減らすには

首のしわの美容整形のリスクとして考えられることとして、首のしわにヒアルロン酸を注入する治療をした場合に、首の皮膚が凸凹することがあります。首にしわができると、一度出来たしわは自力では消えません。下を向く仕事をしていたり、パソコン作業などをする仕事などは、首にしわをつくりやすく、深くなりがちです。首のしわの美容整形でヒアルロン酸を、しわのある部分に入れることで、しわは目立たなくなると安易には思えないです。それは均一に入れることが難しい首のしわなので、おかしなデコボコにもなりやすいからです。その人の首のしわの状態により、どれくらい注入をするのか、ヒアルロン酸の種類は何を使用するべきなのかが違ってきます。ヒアルロン酸はどれも金額が一緒ではありませんし、継続できる期間も異なります。何よりも、ヒアルロン注入をするのが、得意なドクターにやってもらわないと、首の皮膚にデコボコができてしまう可能性が出てくるので、注意をして病院を選ぶことは大事でしょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。