フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

首のしわの美容整形のダウンタイムにしてはいけない事

首のしわの美容整形のダウンタイムにしてはいけない事として、レーザー治療を下時には内出血や腫れ、痛みが最初は強いので、あまり触らないことです。首にできたしわは、ホームケアですぐに消えるほど、甘いものではありません。しわが出来る前から、本当は首のケアもしておくといいのですが、顔のお手入れはしてもネックケアは意識が行かないことが多いです。首のしわに気が付く頃には、くっきりとしわが付いていて、セルフでは太刀打ち出来なくなっています。しかし首のしわの美容整形でしたら、レーザーの照射をして皮膚細胞を入れ替えてしまうことで、照射は痛みがありますが効果は抜群です。ダウンタイムは水がしみたり、熱っぽくなって大変ではありますが、保湿を首の肌にするようにして、清潔に過ごすのがとてもいい方法です。 擦るような洗い方はしないで、シャワーで軽く洗い流して、清潔にしてからスキンケアをすると、良い肌の状態を目指せますし維持できます。

首のしわの美容整形のダウンタイムにしてはいけない事

ダウンタイムのスキンケアについて

首のしわの美容整形として、リフトを思い切ってやったとしたら、ダウンタイム直後は強い痛みに内出血、そして腫れのオンパレードです。引きつり感を感じたり、痛み止めを飲まないとかなりつらくなります。 首のしわの美容整形でネックリフトの手術をしたら、直後にはお風呂には入らないことです。患部は完全に傷が完治しないまま、熱をもちますし、腫れもありますので、温めてしまうと炎症をおこしやすくなります。ネックラインからしただけ、ぬるいシャワーで清潔にすることはできますが、長くシャワーを浴びないで、手早く済ませましょう。気になっても、清潔ではない手で、傷口を触るのはよくありません。熱っぽいと感じたら、冷やして安静にしましょう。首の皮膚に関しては、強い力は入れないようにしながら、スキンケアで保湿はしたほうがいいです。乾いた皮膚の状態にしてしまうと、皮膚細胞の新陳代謝が悪くなりますので、皮膚への化粧水や乳液のお手入れはするようにします。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。