フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

首のしわの美容整形のデメリットって何?

首のしわの美容整形のデメリットとして、レーザー治療を行った場合は、数日感のダウンタイムが必要になることです。顔の肌には化粧水も塗りますし、乳液やエッセンスも付けるのが女性です。でもその直結をしている首の皮膚には、それほど化粧水や乳液を付けようという、意識すらないことが多いです。そのためか、首にはシワがとても出来やすいのが現状です。首のしわの美容整形でレーザー治療をすることで、首のしわは次第に目立ちにくくなっていきます。ただレーザーは強力であるために、痛みの強い治療方法でもあります。そして施術後には、皮膚は一時的に赤く腫れ上がって、熱を持ちますので痛みが続きます。かさぶたになるまでは、触れるのさえ痛いですし、水にはとてもしみて痛いです。数日してやっとかさぶたになりますが、かさぶたになっている状態も、見た目には綺麗ではないので、女性には辛い時期になります。ダウンタイムの痛みと見た目が辛いのが、大きいデメリットになります。

首のしわの美容整形のデメリットって何?

医師次第でデメリットも様々

首のしわの美容整形のデメリットとして、しわをうめるための注入をする治療をした場合、数ヶ月しか持続をしないということです。そして注入が上手に入れられなければ、皮膚の表面上に、まるで波を打つような不自然な状態になることも考えられます。首のしわの美容整形を、注入でするのであれば、平でなだらかな状態でなければ、美しいとは言えないです。しわを消したいために、溝に対して注入をしても、バランスよく注入物が馴染んでくれなければ、しわではなく変な波打つ状態が目立つようになります。首はマスクをして隠すことができませんし、顔と同様に目立つパーツでもあります。年齢が出やすいと言われる首は、それだけ人からの視線を集めやすいパーツでもあるため、注入をして変な仕上がりになってしまうと、かなり目立つことになります。首の皮膚は薄く、そのしわの溝を上手にうめられる、注入の施術をするのが上手なドクターに入れてもらう必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。