若返り整形・フェイスリフトのリフトアップ持続はどの位持つ?

たるみが解消された顔になるためには、切開してたるみをリフトアップする手術、糸で引き上げるリフト治療、レーザーで真皮のコラーゲンの再生増殖を促す治療、などがあります。

ここでは、効果の持続性についてまとめてみました。

若返り整形・フェイスリフトのリフトアップ持続はどの位持つ?

若返り、アンチエイジングの効果、仕上がりとして気になるのが持続性です。若返り・アンチエイジングの整形はフェイスリフト、プチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入、ヒアルロン酸、レーザーなどの様々な方法がありますが持続性は施術により異なります。トラブルを回避するためには名医を選ぶ必要があります。

例えば、糸を使ったリフトアップは、持続時間が短くたるみが再発する点が一番の問題です。つまり糸によるフェイスリフトでは中長期的効果が望めないということです。数年後にも確実にある程度の効果が持続するのは、伸縮性のあるスプリングスレッドや、切るフェイスリフト(切る手術)です。

プチ整形では、サーマクールやウルセラなどのレーザー治療も持続性が気になるところです。
これらは軽度のたるみには定期的な商社が必要となります。

カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

若返り整形・フェイスリフトのリフトアップ持続性

若返り整形・フェイスリフトの症例写真

症例画像①

若返り整形・フェイスリフトの美容整形・手術・治療

若返り・アンチエイジングの整形では、技術が低いドクター・クリニックを選びますと失敗してしまうリスク・トラブルがございます。カウンセリングが5分で終了したり、アフターケアが杜撰なクリニックも多いです。

こういった失敗・修正・再手術を回避するために、よりリスクを回避した名医選びをご相談窓口で提案しております。

ご希望の方はお気軽にご連絡いただければと思います。

若返り整形・フェイスリフトの失敗・修正・再手術

若返り・アンチエイジングの美容整形はフェイスリフト、プチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入、PRP、ヒアルロン酸、レーザーなどが考えられます。持続性を修正するための手術としては、糸を使ったフェイスリフトであれば糸を取り除いたり、再度入れ直す事でリフトアップ効果を修正する事が出来ます。ウルセラやサーマクールなどのレーザー治療(プチ整形)では定期的な照射が必要です。SMASリフトやリガメントリフトに関して言えば10年程度の効果が期待できます。その際、技術が高く丁寧なデザイン出来る名医を選択しなければなりません。

入れ替え・修正・再手術を防ぐために、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

若返り整形・フェイスリフトの効果・仕上がり・アフターケア

若返り・アンチエイジングの美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、皮膚の状態や効果を確認する必要があります。
効果が無い、引きつれ、麻痺、傷跡などによる失敗から修正・再手術を余儀なくされる方も多く相談に来られています。

ダウンタイムとしては本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
その期間は腫れ・むくみ・傷跡の赤みが強いので、マスクを付けるなどして外出される方が多いです。

アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

ご相談窓口では傷跡を少なくするためのコツ・内服薬についてご説明しておりますのでお問い合わせください。

アレン(全身整形)の様なリフトアップされた顔になるための整形

女性に限らず、男性もいつまでも若くいたいと願うものです。しかし、いつのまにか顔にあらわれたたるみや法令線、しわ、くまなどに気が付いて、肌が年々老化していくことに恐怖を感じている人も多いのではないでしょうか。

男性の場合は、紫外線対策をしていなかったり、スキンケアを怠ることが多いため、実は女性よりも肌が老化しやすいのです。男性はプライベートだけでなく、仕事の面でも清潔感や爽やかさが求められるので、もう少し肌年齢が若かったら、と悩んでいる人も結構いるようです。

毎日忙しくてスキンケアに手をかけられない男性だからこそ思い切って試してほしいのが、美容外科での整形です。短期間で確実に若返ることができるので、悩みが深い人にもおすすめです。若返りに成功すれば、アレン(全身整形)のような美しい顔になることもできるかもしれません。

アレン(全身整形)のような顔を目指す上で外せないのがたるみの引き上げです。一番効果的なのはフェイスリフト手術です。

フェイスリフトは、耳の周りを切開してたるんだ皮膚をリフトアップする手術で、10歳若返るのも夢ではありません。

お休みが取れないので体に負担がかからない方法を探しているという人におすすめなのは、切らない糸のフェイスリフトです。

糸のフェイスリフトは、糸で引き上げるリフト治療で、腫れも少なく、周囲にばれないのが魅力となっています。リフトアップ治療に興味はあるけれど、まずはプチ整形感覚の治療を体験したいという人にはレーザー治療が向いています。レーザーを真皮に吸収させて熱を出し、コラーゲンの再生増殖を促す方法です。

このように若返ってアレン(全身整形)のようになる治療はたくさんありますが、技術力のある医師に担当してもわないと失敗する可能性があります。経歴や症例を参考に、優秀なドクターを選びましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

若返り・アンチエイジングの整形にはトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。若返り・アンチエイジングの美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどでお顔を隠す事をお薦めいたします。

ちなみに希望通りの仕上がりとならなかった場合には、修正・再手術が出来るかどうかを含めて診察へ行かれる必要があるのですが、その際は名医を選択しなければ修正・再手術は成功しないと考えて下さい。

若返り整形・フェイスリフトの部位・箇所

若返り・アンチエイジングの美容整形によって、オーダーメイドでお悩みを改善できますが、失敗を回避するためにもクオリティの高い手術を選択する様にして下さい。

ご相談窓口にて名医の条件、手術別のリスク、効果・仕上がりについてを解説いたしますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

若返り・アンチエイジングの美容整形における、お悩み・部位(箇所)については下記をご参照ください。

頬 眉間 目尻 目の上 目の上 目の下 ゴルゴライン 法令線 マリオネットライン 額 唇 首 手 たるみ しわ くぼみ こけ くま(目の下だけ)

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。