フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

こめかみリフトの名医の見極め。おすすめや上手な医師は?

フェイスリフトアップ治療をクリニックで受ける事で、顔に出来た皮膚のたるみの解消が出来ますが、フェイスリフトアップ方法が複数あるので、自分の希望する条件にあう方法を選ぶ必要があります。それぞれメリット、デメリットがありますが、どの方法も傷痕が残るという困った点があります。顔は体の中でも特に目立つ部分なので、傷痕が目立つ部分にあると、肌のお手入れをするのが大変です。この傷痕をなるべく目立たない部分に隠せる方法が、こめかみリフトという方法です。

このフェイスリフトアップ方法は、こめかみにある余分な皮膚を取り除いて、たるんだ筋膜を引き上げるという方法です。筋膜さえ引き上げれば目元をすっきりさせたり、皮膚のたるみを解消する事が出来るようになります。また、こめかみリフトは名医の方に相談をする事で更に傷痕が目立たないようにもしてくれるので、なるべく名医の方に相談をするようにして、失敗をしないようにしましょう。

こめかみリフトの名医

皮膚に何らかのトラブルが発生する可能性

こめかみリフトは傷痕がこめかみに出来る為、髪で隠す事が出来る他、目元もすっきりとさせて顔立ちを綺麗に見せる事が出来る、メリットが多い方法です。しかし、こめかみという大事な部分に傷が付く方法なので、何らかの失敗をしてしまう事で、皮膚に何らかのトラブルが発生する可能性が十分にあります。こめかみリフトは若返り効果が出てくれる反面、失敗した時のリスクも大きいです。リスクの事が心配なら、こめかみリフトを受けるクリニック選びをしましょう。名医の方が居るクリニックなら、失敗するような事も無くなり、確実に成功させる事が出来るようになります。お金もかかるサービスなので、確実に成功出来るというのはとてもお得です。名医の方が居るクリニックは、それだけ多くの方から人気があり、評判も良い傾向にあるので、名医の方が居るクリニックを探したい時には、評判や人気を調べる事で、見つける事が出来ます。調べても損はありませんが、調べないと損をする可能性は高いので注意しましょう。

こめかみリフトを受けるなら?口コミ人気が高い美容外科・クリニックはここ!

顔の皮膚がたるんで老けて見える人に人気があるこめかみリフトは、40代から目立ってくる目元のたるみに適した施術で、こめかみ付近の余分な皮膚を取り除き、皮膚の中のたるんだ筋膜を引き上げることで、目元のしわやたるみを改善するリフトアップの手術です。目元がすっきりすることで、顔全体の印象が若返り、明るい表情になることが期待できます。

こめかみリフトの名医

症例数や実績を考慮しよう

東京でこめかみリフトを行っている美容外科クリニックはたくさんあります。フェイスリフトよりも傷口が目立ちにくく、髪の毛の中や生え際の目立たない箇所を少し切開するだけなので、髪の毛で隠すことができ、傷口が目立つことはありません。頬などのフェイスリフトに比べるとダウンタイムが短く、腫れも少ないので、比較的受けやすい手術です。施術数が多く、実績のあるクリニックを選ぶと、釣り目になったり、不自然なつっぱりがでたりしにくいと評判が良くおすすめです。

たるんだ目元のために老けた印象になってしまう40代以降の人におすすめのこめかみリフトは、髪の毛の中や生え際の目立ちにくい部分を切開し、たるんだ皮膚を取り除くと同時に、内側の筋膜を引き上げ、すっきりと若々しい印象の目元になることができると人気がある手術です。こめかみリフトは、局所麻酔と静脈麻酔を併用することが多く、手術は60分から90分程度が標準です。術後2~3日は圧迫固定が必要ですが、その日のうちに変えることもでき、腫れが比較的少ないので、フェイスリフトの中では受けやすいと人気があります。

安さにつられないこと

値段は、クリニックによって異なるのですが、東京では、60万円前後から受けることができ、安いところだと50万円ほどからうけることができます。費用の安さも大切ですが、目元は人から良く見られる部分なので、釣り目になったり、皮膚のひきつれが起こるような失敗を避けたい部分でもあるので、施術数が多く評判が良い、技術力の高いドクターがいるクリニックを選ぶことがおすすめです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。