フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ケミカルピーリングに失敗したらどんな状態になる?

ケミカルピーリングに失敗したらどんな状態になるかは、初めてのピーリングであれば、とても気にかかるものです。お手入れのために使う酸は、ひとつの種類ではありません。医薬品でもありますので、数種類の酸が用意をされていて、それぞれに作用も異なりますが、基本的に溶かす強さは持ち合わせています。ケミカルピーリングの治療を受けるにあたり、その肌状態に適合している酸をチョイスする判断力は、非常に重要になってきます。それは病院側による、ドクターの判断にはなりますが、それでも肌質にも個人差があるために、失敗をしてしまうと酸が肌にとっては強すぎることも出てきます。肌が耐えられないほどの強い酸を選んで施術を行った場合においては、本来であれば皮膚にとって必要となっている角質までも、必要以上にはがしてしまうことも考えられます。そうなると起こってくるのが、お肌が美しくなるどころか、反対に皮膚が硬さを増してしまうといったケースです。
ケミカルピーリングに失敗したらどんな状態になる?

過度の乾燥肌を招く恐れ

ケミカルピーリングに失敗した場合に考えられる症状として、美肌治療の方法ではありますが、過度の乾燥肌を招く恐れもあります。ケミカルピーリングは、肌に医薬品である適した酸を塗布するものではありますが、酸の濃度が肌に対して濃すぎたり、合わなかった場合は、皮膚の方が弱いことで必要なものまで失います。そうなれば守る肌の機能はどんどん低下をして、水分と油分を角質層にとどめておくことが困難となってきます。皮膚の乾燥は激しくなっていきますので、肌状態は乾燥が持続することになり、さらには失敗の先にあるのは、肌トラブルの増加です。皮膚は角質層に、十分な水分と、そして油分とがバランスよく揃ってこそ、健康な肌状態を維持することになります。乾燥した皮膚には、油分と水分量のアンバランスな状態が出来上がってしまい、守ることができなくなります。そのまま乾燥をケアしないでいたら、ますます肌状態は弱くなってしまいますので、肌荒れなどの肌トラブルに悩まされることになります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。