フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ケミカルピーリングのダウンタイムにしてはいけないこと

ケミカルピーリングのダウンタイムにしてはいけないこととして、お肌への強い刺激を加えるような行為は控えるべきでしょう。ケミカルピーリングの治療では、強い痛みを感じたり、内出血を起こすほどの強力な施術ではありません。また、施術後に肌に強い腫れが生じるということも、まずありません。さまざまな美容クリニックでの美肌治療がある中でも、とても肌にはやさしいタイプの治療方法になります。ただ施術を受けてすぐ後には、若干のかゆみを感じることもあります。それは、本当に些細なものであり、直ぐに治まっていきます。ですから見た目には、お肌には特に問題がないように見えるのも特徴です。しかしケミカルピーリングの施術をうけた後というのは、皮膚の状態がかなり敏感になっています。順調に回復をしていきますので、それまではお肌に強い刺激は与えないように気をつける必要があります。洗顔をする時には、皮膚をゴシゴシと擦るような、荒っぽい行為は控えましょう。
ケミカルピーリングのダウンタイムにしてはいけないこと

ケミカルピーリングのダウンタイム

ケミカルピーリングのダウンタイムでは、ほかの美容整形みたいな痛みや赤みを帯びた腫れ、それに内出血に悩まされることはありません。しかしケミカルピーリングは、皮膚の表面を酸の作用によって溶かしています。皮膚状態は思っているよりも、非常にデリケートになります。ダウンタイムでは、外的な刺激に弱いのも特徴であり、特に紫外線からの翼はない影響を強く受けやすくなります。もしも肌に多少のかゆみが出るならば、保冷剤等で冷やすといいでしょう。ケミカルピーリングのダウンタイム期間においては、とにかく日焼けをしないように、細心の注意を払う必要があります。ピーリング治療をうけたパーツの皮膚は、一時的に薄くなって敏感となりますので、太陽の紫外線をそのまま浴びてしまうと、肌はいつもよりも悪い影響をそのまま受け取りやすくなります。日焼けをとてもしやすい肌環境ですので、特に施術後の2週間ほどは、日焼け止めクリームをしっかりと塗るようにする必要があります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。