フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ケミカルピーリングを受けるデメリットについて

ケミカルピーリングの治療を受けることにより、感じるデメリットとして、お肌の強い乾燥が挙げられます。美容クリニックや美容皮膚科などで受ける治療ですので、ドクターが肌状態を確認し、その人の肌に適した酸を使用するために、それ自体には問題はありません。しかし施術は、薬用の酸をお肌に塗ることで不要な角質を溶かすという方法ですので、強力な溶かす作用が働きます。その作用は一時的に、皮膚の強い乾燥状態を招くことにもなります。ケミカルピーリングでは古いかkすひつを取り去りますが、必要となるものまで一緒に、多少は取り除くことにもなりますので、本来の皮膚におけるバリア機能は一時的に下がります。角質にも刺激を与えることになりますので、乾きやすく赤みを生じることもあります。どの酸を使用しての施術でも、皮膚への強い乾燥は感じやすくなりますので、重要となるのはピーリング治療を受けたあとの、自分で行うホームケアということになります。自宅では数日の間は、徹底した素肌への化粧水などでの保湿は必須になります。
ケミカルピーリングを受けるデメリットについて

1回の施術では、肌悩みは解消しきれない

ケミカルピーリングを受けるデメリットとして、美容医療での長歴史のある治療ではありますが、たった1回の施術では、肌悩みは解消しきれにことです。ケミカルピーリングは、日帰りで受けられる施術であり、帰りにはお化粧をして変えることが出来るほど、マイルドな美容医療の治療方法です。治療を受けるときにも、麻酔を使用するような強烈な痛みもありませんし、施術後に肌が腫れ上がることもありません。とても優しい肌治療ですし、長期的なダウンタイムもありませんが、その分だけ即効性には大きくかけています。1回の施術でも、お肌の表面が、施術前よりもツルツルとした感触を感じたとしても、それは完全に満足がいくレベルではありません。その人の肌状態や、肌悩みにもよりますが、一般的にも5回から10回ほどの治療を必要とする方法です。回数を重ねる必要がありますし、それは2週間以上は間隔を開けないといけませんので、そのスケジュールも管理留守必要が出てきます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。