フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

ケミカルピーリングのアフターケアは疎かにしてはいけません!

ケミカルピーリングのアフターケアとして、必ず必要になってくるのは、お肌を太陽の紫外線からパーフェクトに守るという行為です。いつまでも若いお肌を保つためにも、現代の美容知識としても、紫外線を浴びることが肌老化を促進させるということは、多くの人が認識として知っていることです。紫外線の破壊力は強力であり、昔よりもさらにパワーアップした紫外線の影響力は、お肌から若さを奪い取ってしまいます。ケミカルピーリングの治療を受けた肌状態は、まるで赤ちゃんのお肌のようにデリケートな状態になります。医療用の薬剤を使い、肌に酸を塗布する方法ですので、毛穴の深い汚れまでも酸のパワーによって溶かす程の作用をもたらします。角質と一緒に表皮の部分も多少はとかしますので、皮膚は不要なものは取り除かれますが、非常に敏感な状態になります。皮膚を守るバリア機能が弱くなっている時ですので、紫外線を浴びてしまうと、ダイレクトにマイナスの影響を受けてしまい、日焼けはシミに変わりやすくなります。そのため、紫外線対策は必須となります。

ケミカルピーリングのアフターケアは疎かにしてはいけません!

お肌への徹底した保湿によるスキンケア

ケミカルピーリングのアフターケアとして、とても重要になってくるのが、お肌への徹底した保湿によるスキンケアです。ケミカルピーリング治療は、特に美容医療機器を用いた手術などではありません。専用の酸の医薬品を使用して、皮膚の上に塗って拭き取るシンプルな治療方法です。時間的にも短時間で終わるものであり、大きなダウンタイムとも無縁の治療方法です。しかし医療機関で取り扱う酸は、医薬品でありパワーとしては決して弱いものではありません。毛穴に詰まった角栓までも、ほんの数分で溶かすほどの威力を持ちますので、協力出ないわけがありません。古くなった角質も除去できますが、お肌は全体的にすっきりしながらも、皮膚は極度の乾燥状態に陥ることになります。乾燥を下肌状態は、あらゆる肌トラブルを招く原因になります。そこでアフターケアとして必要となってくるのが、お肌への保湿のスキンケアということになります。化粧水は重ねづけをして、乳液や美容クリームも使いましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。