フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

治療前に経結膜的眼窩脂肪移動術のデメリット3つを理解しておこう

経結膜的眼窩脂肪移動術のデメリットまとめ

経結膜的眼窩脂肪移動術とは、目の下のたるみと呼ばれる脂肪の膨らみを解消するための手術です。目の下が膨らんでたるんで見えると、実年齢よりも老けて見えますし、元気な時でも疲れているように見えてしまいます。

しかし、この経結膜的眼窩脂肪移動術は、下まぶたの内側の結膜を切って穴を開け、そこから、目の下の脂肪を下側のくぼみになっている部分に移動することで、たるみを解消して若々しく、そして明るく見えるようになるという手術です。

ハムラ法のように皮膚を切開しないので、その分だけ身体への負担も少ないですし、ダウンタイムも短くて済みます。また、切るのは下まぶたの内側なので、顔の表面に傷跡が残ることもありません。

そのため、たるみを改善したいが傷跡が残るのは抵抗があると、今まで手術を受けることを躊躇していた方達からも支持されている手術なのです。

しかし、もし手術を受けるなら、その前に、その手術にどんなデメリットが存在するのかを理解する必要があります。

経結膜的眼窩脂肪移動術のデメリット

たるみが軽度の方や余分な皮膚が少ない方向けの手術

経結膜的眼窩脂肪移動術は、目の下のたるみを傷跡を残さずに解消してくれますし、皮膚を切開しないので身体への負担も少なくて済みます。

しかし、それと同時に、いくつかのデメリットが存在しています。

まず、経結膜的眼窩脂肪移動術はあくまでも、たるみが軽度の方や余分な皮膚が少ない方向けの手術であり、皮膚が厚い方には向いていないという点です。また、移動できる脂肪が少ないと、まぶたの膨らみが低くて思っていたような効果が得られない時もあります。

そして、脂肪の量や年齢にもよりますが、今まで脂肪が膨らむことで皮膚が伸びていた人の場合は、脂肪を移動させたことによって、逆に小じわが目立つようになることもあります。

そして、これは稀にですが、笑ったり顔を動かした時に引きつれたような違和感を感じる方もいます。このように、いくつかのデメリットも存在しますが、経結膜的眼窩脂肪移動術は、ハムラ法と比べて高い技術力が求められる手術なので、大切なことは、手術経験が豊富な腕の良い名医を探すことです。

こんなデメリットも。経結膜的眼窩脂肪移動術をしたのにたるみが解消しない要因

クマ・たるみが解消しないデメリットが生じる訳とは。

年齢と共に、目に下にクマやたるみが出来易くなってしまうものです。しかもクマやたるみが生じると、どうしても老けて見えるので、何とか改善したいと考える女性は少なくありません。そしてそんな女性は改善のために、経結膜的眼窩脂肪移動術の手術を受ける事が多いです。

ですがこの手術を受けたにも関わらず、肝心のクマ・たるみが解消しないケースもあります。これはクマやたるみの原因が他にある場合や、医師の技術力不足で生じるデメリットです。

腫れと内出血が強く出る理由について

経結膜的眼窩脂肪移動術の手術を受ける事で、クマやたるみが改善され、かつての様な若々しい目元を取り戻す事が出来ます。ただし基本的に切開が必要な術式であるため、術後は腫れや内出血を伴う事になるのです。

ですがそんな腫れと内出血が強く出るケースもあるので、その際は注意する必要があります。というのも切開方法を誤ったり、切開した場所が感染した場合に起きる事が多いので、このリスクを避けるには技術力の高い医師に執刀を依頼する事です。

目の下がくぼむリスクが生じる訳とは

経結膜的眼窩脂肪移動術を受ける事で、気になる目の下をすっきりさせる事が出来ます。なので特に女性に人気の高い、整形手術となっているのです。ですがこの手術を受けた所、目の下がくぼむというリスクが生じてしまう場合があります。

その原因は、目の下の脂肪の移動の調整に失敗した事にあり、必要以上に脂肪を除去した場合に起こるのです。なのでこの失敗を避けるには、手術の技術力が高い医師を選び出す事が、重要だったりします。

手術を成功させるためにおすすめ出来る美容外科とは

もっと若く美しい自分になるために美容整形手術を受けたものの、逆に手術失敗により不自然な顔になってしまう事があるので、注意すべきです。

だからこそ手術は失敗しない事が一番に重要であり、執刀医を選ぶ際には、技術力の高い信頼出来る医師をきちんと選ぶ必要があります。

そんな中、当相談所では、経結膜的眼窩脂肪移動術の執刀経験が豊富な医師がいる、おすすめ可能な美容外科をご紹介しているので、お気軽にご連絡下さい。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。