フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

イントラセルの修正が必要なのはどんな場合?

イントラセルとは、鍼治療で使用されるような細い針を皮膚の下に49本挿入し、針を通じて真皮層に直接ラジオ波を照射します。そうすることによって、肌の表面にダメージを与えることがなく、安全に治療を行うことができます。イントラセルの効果として、ニキビ跡や毛穴の開き、しわやたるみなどの肌トラブルの改善に効果を求める治療法です。肌のデコボコが目立つ方にお勧めすることの多い施術です。この施術を行うにあたって、事前に施術を行うメリットやデメリット、リスク、アフターケア、ダウンタイムや料金相場を事前に知っておくことは大切なことです。さらに施術後に起こりうるトラブルや修正が必要な場合などについても知っておくことも必要です。そこで、まずはイントラセル治療を受けるうえでのメリットから見ていきたいと思います。従来の光治療や高周波照射、レーザー治療では皮膚の表面から照射するため皮膚の表面へのダメージが付きものでしたがそうしたデメリットを抑えることができるのが大きなメリットといえます。
イントラセルの修正が必要なのはどんな場合?

効果は高くトラブルも少ない

さらに、効果も非常に高く、従来の治療では複数回の施術が必要だったものがイントラセルでは1回施術を受けるだけで期待する効果を得られることができます。デメリットやリスクとしては、針で肌に穴をあけるため、治療直後は腫れや赤みが目立つ場合があることがあげられます。休日に治療を受けるなどの工夫をしましょう。また、複数回の治療を行う場合は2~3カ月の期間を開けることをお勧めします。ダウンタイムは治療後3~4日程度は腫れや痛みが続きます。しかし従来のレーザー系治療と比較した場合ダウンタイムは短く済むといえます。顔全体に治療を行う場合およそ20万円前後が料金相場といえます。今のところイントラセルの失敗や修正を必要とする事後トラブルは多くありません。しかし、針を肌にさす場合の深さや出力の設定などそれぞれの肌の状態に合わせて施術を行う必要があるためイントラセルの名医のもと治療を行う必要があります。当相談所では経験と実績のある名医を紹介していますのでお気軽にご相談ください。期待する効果を得られるためにもぜひ良いクリニック選びと医師選びを行う必要がありますのでまずはお問い合わせください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。