フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

イントラセルに失敗したらどうなる?

ニキビが治ってからもニキビ跡がいつまでも残ってしまいそれが悩みとなっている人も少なくありません。ニキビ跡がシミのように残ることもあれば、ニキビの炎症で肌にダメージを与えてしまい肌表面が凸凹になってしまうこともあります。改善のためには毎日のスキンケアはとても大事となりますが、スキンケアだけでは短期間に改善するのは難しいものがあります。

より早く改善を目指したい場合は美容医療を利用するという方法がありますが、イントラセルも話題の治療で、肌の凸凹の改善に役立ってくれます。イントラセルは真皮層に熱を加えることでコラーゲンやエラスチンの生成を促進し肌にハリや弾力を与え肌質を改善していくことができます。肌表面へのダメージは抑えられており肌の不調の原因となる真皮層にダイレクトに照射することで肌の悩みを改善していきます。とても優れた治療方法となっていますが、毎回必ず成功するとは限りません。もしも失敗したときにはどうなるのかもよく確認しておきましょう。

イントラセルに失敗したらどうなる?

失敗例もある施術

イントラセルは照射で行う治療ですので、比較的手軽に行える治療というイメージもありますが、良い改善を得るためには医師の十分な知識、技術力が必要となります。イントラセルは極細の針が49本ついており、それを皮膚下に挿入して直接ラジオ波を照射する治療ですが、肌に針で穴を開けることとなりますので、治療直後はやや腫れや赤味が目立つこともあります。

治療が成功しているとそれほど腫れや赤味が長引かず短期間にも改善することができますが、治療が失敗してしまった場合はダウンタイムが長くなってしまう場合もあります。そしてせっかく治療を受けたにかかわらず、あまり良い改善が得られないということも考えられます。

治療を成功させるためにはそれぞれの肌の状態に合わせて肌に刺す針の深さ、出力などをしっかり調整擦る必要がありますので、やはり経験豊富な医師を選ぶことが大事です。経験の浅い意思を選んでしまうと思ったような効果が得られない場合もありますので、医療機関選びは慎重に行いましょう。

イントラセルに失敗したらどうなる?

イントラセルの失敗例、「傷跡」ってどんなもの?

施術の針で皮膚に傷跡が残るリスクがあります。

イントラセルは皮膚の奥深くに熱を照射するために、主に40本以上の針を使用して行います。皮膚が薄く弱い体質の人がこの治療を受けると、施術に使う針で皮膚が傷つき傷跡が残ることがあり得ます。
皮膚にさす針は医療用の極細のタイプの物が使われますが、さす針の数が多いために皮膚が薄い体質の人だと皮膚に負担がかかってしまうためです。肌の問題を改善してキレイにしたいと思っても、傷跡が残ってしまえば逆効果となります。

色素沈着になることがある

皮膚に針をさして照射治療するイントラセルは、肌におこる様々な問題を改善する効果があります。ですが、照射治療には強い熱を使用しますの肌が傷つき色素沈着ができてしまうこともあるのです。肌の奥深くにある真皮にまで熱が届くので、皮膚が弱い人だと逆に色素沈着になってしまいやすくなります。
色素の沈着は目立ってしまい、女性だと大きな悩みの種になる場合があります。肌が弱い人は照射治療を受ける前に、自分の肌に合う治療か注意が必要です。

思うようにニキビ跡への効果がでない

肌に起こる問題を改善する効果があるイントラセルは、ニキビ跡を目立たなくする効果もあげられています。ですが、これも体質によって個人差があり、思ったほどにはニキビ跡への効果がでないこともあります。
針をさして行う照射治療は、合う人によっては1回だけでもかなりの効果があります。体質に合わない人だと1回ではニキビ跡への効果がそれほどなく、実感できるまでに複数回の施術が必要です。その分、お金がかかり治療が割高となってしまいます。

経験の長い名医の施術を受ける

肌の状態を改善する効果があるイントラセルの手術によるリスクは、皮膚の弱い人でも手術を行う医師の腕次第では対処が可能です。実際の手術現場での経験を積んだ名医であれば、患者の個々の状態を見ながら調整して施術するので失敗が避けられます。
肌の質が弱い方でこの手術を希望されるようなら、施術はベテランの医師に依頼するのが一番です。名医に依頼することでリスクに対しての解決方法を相談しながら、安全に手術に臨むことができます。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。