フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

イントラセルのリスクを知った上で受けましょう

ニキビ治療において、最近の美容外科ではイントラセルという治療方法を進めることが多くなってきています。この治療は、直径約1mmの細い針が数十本並んだチップを皮膚に当てて、ラジオ波を照射することによってニキビを治療するという方法です。ラジオ波が、肌の細胞組織に振動を与えることによって、その部分のたんぱく質を変性させて、ニキビによる炎症を緩和させます。超音波治療なので、火傷などの症状が出ないという点にもメリットがあります。また、ニキビそのものの治療だけではなく、跡をきれいにするための治療にも使われることが多いです。その他にも、肌のしわやたるみの改善、肌にハリと弾力を取り戻し若々しく見せたりと、さまざまな効果があります。ワキガなどの治療にも使われています。
イントラセルは効果の高い施術ですが、リスクも少なからず確かに存在しています。メリットだけではなく、リスクの面もきちんと理解してから治療に踏み切ることが大切です。
イントラセルのリスクを知った上で受けましょう

デメリットを理解する

イントラセルのリスクの代表的な例としては、まず、痛みが挙げられます。細いとはいえ肌の表面に針を刺すことになるので、肌の表面に麻酔のクリームを塗っていても、痛みを感じてしまうという人もいます。また、内出血が生じるということも考えられます。施術後に赤みが残ってしまうことも多く、個人差もありますが、一週間程度赤みが消えないことがあります。
また、治療費が高額になってしまうというリスクもあります。保険適用外の治療のため、1回の治療費は約15万円以上かかることも多く、これは高額の類だと言えるでしょう。一回で効果が出なかった場合は、複数回治療を受ける必要があり、さらにコストがかかってしまいます。
このように、イントラセルは効果の高い施術ですが、さまざまなリスクも存在しています。被害を未然に防ぐためには、経験のある名医に施術を依頼することが必要です。こちらで名医をご紹介しておりますので、いつでもご相談ください。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。