フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

イントラセルのダウンタイム期間は何日くらい?

イントラセルは極細なので絶縁針を皮膚内に挿入して、真皮層にのみ確実に高周波電流を加える治療です。ハリ、弾力のもととなるコラーゲン、エラスチンを増やして、毛穴、肌質を改善するマシンです。これまでのシワ、たるみとりのレーザーと違って、有効性が格段に上がっています。
真皮層をダイレクトに照射するため1次効果としてたんぱく質変性をおこし引き締まってリフトアップ効果があります。2次的効果は創傷治癒作用で、ハリ、ツヤが増して若返ります。針を挿入すると肌表面に微細な傷がつき、その傷跡を治そうと創傷治癒作用の減量スイッチが入って新陳代謝が正常化されます。血行が活発になり小じわや肌の色の改善、毛穴の引き締め効果などが得られます。
絶縁針の先端が真皮の奥のパワーが最も強く皮膚表面にいくに従ってパワーが弱くなるべく仕組みのため、イントラセルは肌表面はダメージをあたえません。そのため施術後は赤みがでますが、痛み、腫れ、内出血などはありません。ダウンタイムも非常に軽く気になりません。
イントラセルのダウンタイム期間は何日くらい?

厳重な紫外線対策を

イントラセルはニキビ跡など肌のデコボコなどに、最適な治癒マシンです。ニキビ跡はコスメ、ファンデーションなどでは隠しきれず厚塗りする事で、さらにニキビを増やす原因にもなります。ニキビによるダメージは真皮層のコラーゲン繊維が癒着して硬くなり、窪んだクレーター状のデコボコ、色素沈着などをおこします。
イントラセルはニキビ悪化の原因の炎症を抑えて、色素沈着をおこすメラニン色素の生成を抑制し排出します。
肌のターンオーバーを促進して肌再生効果により肌が柔軟になります。そのためニキビ跡の改善はもちろん毛穴の開きやたるみの予防にも効果的です。
施術は高周波の照射だけですから30分ほどで、当日からシャワー、メイクは可能です。しかし約一週間ほど赤みが残り、照射後3 日ほど腫れる場合もありますが、痛み、内出血はありません。ダウンタイムはほとんどありませんが赤みが残る間は、厳重な紫外線対策が必要です。特に赤みの出やすい方や敏感肌の方は、体質チェックが必要です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。