フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のしわの美容整形に失敗したらどうなるのか

法令線のしわの美容整形に、もしも失敗したらどうなるのか、事前にリスクも知っておくことです。法令線のしわの美容整形で、メスを使用するタイプのフェイスリフトを選ぶとしたら、これこそは慎重さを要求されます。切開をして引き上げますので、法令線のしわは確実に伸びるといいち所ですが、これはドクターの技量にもよります。技術力が足りない、経験や知識も不足のドクターにあたってしまうと、痛い思いをして切ってする手術であっても、あまり変化を感じないことさえあります。

それどころか、しわはあまり変わらなくでも、メスを入れたことで神経に傷をつけて、その後の人生に神経麻痺を残すことさえ、ないとは言えません。ドクターと病院選びには、惜しみなく時間をかけて選択をする必要があります。法令線のしわは、失敗なくリフトでも消し去ることはできますので、あとは病院と経験あるドクター選びということになります。神経に傷をつけてしまったら、元も子もありません。

法令線のしわの美容整形に失敗したらどうなるのか

医師によって失敗例は左右される?

法令線のしわの美容整形に失敗場合ですが、これがヒアルロン酸の注入であったらそうなるでしょう。ヒアルロン酸は体内吸収される成分ですので、最初に少し多めに入れることもあります。法令線のしわの美容整形で、簡単な治療ではヒアルロン酸はおすすめでもありますが、に多すぎる注入はいびつな形状になって失敗します。何かを注射で入れるというのは、実に繊細な技術と判断が必要であり、経験とデザインのセンスがないドクターにあたってしまうと悲惨です。実績があるのはもちろんのこと、センスのある的確な注入のできるドクターを選ばなくてはなりません。

ヒアルロン酸は失敗すると、法令線のしわが消えるどころか、表面上が凸凹になって、とてもおかしな見た目になってしまいます。マスクなしでは生活ができなくなりますし、人前で素顔を出すことさえできません。注入で凸凹になってしまったら、分解する注射をしてから修正をする必要が出てきますので、余計にお金がかかります。

法令線のしわの美容整形に失敗したらどうなるのか

法令線のしわの美容整形での失敗として起こる「効果がない」ってどういうこと?

「効果がない」リスクもあります。

ヒアルロン酸やPRPはメスを使わない、法令線のしわの美容整形です。
プチ整形は体への負担は軽いものの、効果がないというリスクもあります。
ヒアルロン酸・PRPの特性を熟知していない医師が施術を行った場合、注入する量や位置が適切ではなく、ほとんど法令線のしわを解消する効果が得られなかったというケースもあるようです。
せっかく施術を受けても効果が現れなければ、金銭的な負担ばかりが残ってしまいます。

「ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性」のリスク

法令線のしわの美容整形には、プチ整形となるヒアルロン酸注入やPRPといった施術法があります。
プチ整形はメスを使わないので、手軽として人気です。
ただ、「ヒアルロン酸注入やPRPの副作用と危険性」のリスクがあるので注意しましょう。
ヒアルロン酸がアレルギー反応を起こしたり、ヒアルロン酸やPRPを注入する事で、その部分がしこりや石灰化、炎症・感染症を引き起こすケースがあります。
プチ整形でも、このようなリスクが起こります。

「FDA未認可のヒアルロン酸注入やPRPがある」リスク

法令線のしわの美容整形では、「FDA未認可のヒアルロン酸注入やPRPがある」リスクもあるので注意しましょう。
FDAとはアメリカ食品医薬局の略で、ここの認可を受けているものは安全性・効果と共に優れています。
ただ、クリニックの中には利益を優先するあまり、FDAに認可されていない質の悪い素材を使い、施術を行うケースがあるようです。
FDAに認可されていないものは、副作用や後遺症が出るリスクが高まります。

施術を受けるなら名医を探す事がおすすめ

法令線のしわの美容整形には、副作用や後遺症の危険性に、全く効果が出ないなどリスクが伴います。
プチ整形だからといって、どこのクリニックで施術を受けても、効果は同じという事はありません。
万全を期す為に、医師選びは慎重に行う事がおすすめです。
当相談所では法令線の治療に長けている、おすすめの名医・美容外科クリニックをご紹介しています。
施術に興味があるという方は、当相談所にご気軽にご相談ください。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。