フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のしわの美容整形のリスク、何があるかもしれないの?

法令線のしわの美容整形にはいくつかの方法がありますが、それぞれにリスクもあります。それらの代表的なリスクを知っておくと便利です。まずは、スレッドリフト法です。スレッドリフトは特殊な糸を皮下組織に挿入し、糸のひっかかりや反発力を利用して、たるんだ皮膚を持ち上げる方法です。即効性があります。この場合のリスクは皮下に挿入した糸を固定する部分に集中的に負荷がかかり、偏頭痛やゆるみが生じる事があることです。次に、フェイスリフト法です。フェイスリフト法は、髪の毛で隠れる部位を縫合し、顔の皮膚表面のたるみを引っ張り挙げる方法です。そのために法令線だけでなく首の周りのたるみ、頬のたるみなどがなくなり顔全体がかなり若くなります。しかし、危険性としては、法令線のしわの美容整形として経験の多い上手な医師を選ばないと、顔面神経や血管を損傷する場合があるので注意です。また、縫合のアフターケアがいい加減だと、大きな傷が残ってしまう可能性があります。
法令線のしわの美容整形のリスク、何があるかもしれないの?

安心できる医師を選んでリスク軽減を!

ヒアルロン酸注入法はよく行われる方法です。ヒアルロン酸注入法は、年齢とともにすくなくなってくるヒアルロン酸を注射で皮膚の直下に注入して補う方法です。ヒアルロン酸葉少しずつ吸収されていきますが、リスクは、経験の浅い未熟な医師が施行すると、意味のない部位へ製剤を注入してしまいトラブルを起こしやすいです。その場合、通常は、ヒアルロン酸は時間が経つにつれ、体内で100%分解し吸収され、肌は施術しなかった元の状態に戻りますが、「遺物肉芽腫症」という後遺症がでることもあります。すると、肌の表面にデコボコしたしこりが残り、元の平らな状態に戻らない場合があるので注意です。
これらのリスクは法令線のしわの美容整形の経験の浅い医師が施術することで高まります。そのため、経験の豊かな医師に施術してもらうとよいです。そのためには各法令線のしわの美容整形の評判をよく調べてから来院し、安心できる医師を選ぶことでリスクは少しでも回避できます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。