フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

何日休みがあればいい?法令線のしわの美容整形のダウンタイム

何日休みがあればいいのかを迷うのが、法令線のしわの美容整形のダウンタイムでしょう。これはその人が、どのような法令線のしわの美容整形を受けるかにもよります。法令線のしわを半永久的に無くして、効果を持続させたいと希望するならば、美容整形は切開による手術になります。フェイスリフトにも、ハーフやフルで行う方法がありますが、いずれにしろ手術をしたあとには、強い腫れと痛みと内出血が起こります。会社勤めをしている人にとっては、気軽に受けられる手術ではありませんが、それでも長期の休みを利用して、美容整形に踏み切る人たちはいます。法令線のしわを、切開手術で治療をするのであれば、会社は1週間ほどはお休みできたほうがいいでしょう。美いう整形手術をしてから、約1週間程の間は、強い顔の腫れた状態が続くからです。そこからは、緩やかに回復へと向かいますので、出勤をする時にはマスクをして、頬は髪の毛で隠すなどしておけば、仕事をするにしても問題はないでしょう。

何日休みがあればいい?法令線のしわの美容整形のダウンタイム

ダウンタイムのない治療とは

法令線のしわの美容整形のダウンタイムが、ほとんどない治療方法を選ぶことで、会社を休み必要はなくなります。法令線のしわの美容整形として、簡単な手段では、ヒアルロン酸の注入方法があります。稀に内出血が起こることもありますが、数日で消えていきます。痛みがあるのは、ヒアルロン酸を皮膚へと注入をする時です。ですが、注入をするときには患部を冷やすか、もしくは希望に応じて麻酔を使用することができます。ヒアルロン酸は、特に腫れることもないです。ほかにもヒアルロン酸の注入時には、極細タイプの麻酔針を選ぶことが出来る病院もありますので、相談をするのもいいでしょう。針が細いことで内出血は少なくなりますし、合わせて施術の時に痛みも少なくなります。法令線のしわの部分にヒアルロン酸を、注射で注入をするのみですから、その日に法令線のしわは消えてしまいます。ダウンタイムは、ほぼない方法なので、ヒアルロン酸の注入方法だったら会社は、翌日からいつもどおりに出勤ができます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。