フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のくぼみの美容整形のダウンタイムの注意点とは

加齢による皮膚のたるみやしわは避けて通る事はできません。
皮膚がたるむと法令線も目立つようになり、とても老けた印象を与えてしまいます。
この法令線を何とか解消しようと顔のマッサージや、肌に潤いを与えるサプリ等を試してみる人も多いようですが、なかなか効果を得られずに終わってしまう人も多いのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが法令線のくぼみの美容整形です。
美容整形と聞くと、痛みがあったり、料金が高かったりと言ったイメージを持ってしまいがちですが、現代の美容整形はそうではありません。
法令線のくぼみの美容整形にはメスを使用しない方法もあり、痛みや内出血、腫れもほとんどなく、術後のダウンタイムも必要としない方法が存在します。
メスを使用しない方法なら、施術を受けたその日にメイクをする事ができますし、施術後に人に見られても美容整形をしたと気づかれる事はありません。
また、施術にかかる時間も10分程度なので施術で一日が終わった後にも予定を入れる事が可能です。
法令線のくぼみの美容整形のダウンタイムの注意点とは

ダウンタイムはほとんどないって本当?

法令線のくぼみの美容整形にはいくつかの方法がありますが、代表的な美容整形として挙げられるのがヒアルロン酸の注入です。
ヒアルロン酸の注入には極細の針の注射器を使用するので痛みもほとんどなく、腫れや内出血もありません。
また、ダウンタイムが必要ないので時間に余裕のない人でも気軽に施術を受けられます。
法令線のくぼみの美容整形には糸を使用する方法もあり、この方法もヒアルロン酸の注入と同様痛みや腫れもほとんどなく、施術後は少し冷やす程度でダウンタイムもほとんど必要ないので、仕事帰りなどに立ち寄って施術を受ける事もできます。
使用する糸によって持続する期間は違い、長いものになると一年から二年をかけて皮膚に吸収されてなくなります。
ヒアルロン酸の場合も費用によって持続する期間が違い、この場合も二年から三年効果が持続する物があります。
法令線が気になる人は、気軽に受けられる美容整形を検討してみてはいかがでしょうか。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。