フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のこけの美容整形の修正をする時に知っておきたいこととは

法令線のこけの美容整形は、鼻の両ワキから唇の両端に伸びる二つの線、頬との境界線を改善するものです。
原因は加齢や乾燥、喫煙やストレス、紫外線や栄養の偏った食事に、ビタミンC不足やコラーゲン不足などがあります。

歳を重ねるとたるんだ部分がシワやほうれい線になってきます。
法令線のこけの美容整形は、若返りやアンチエイジングの美容整形の中でも人気がある施術です。

フェイスリフトやプチ整形の糸を使ったリフトアップ、脂肪注入やヒアルロン酸にレーザーなどがあります。
ただどの方法でも効果が出ないまま整形に失敗することも多いです。

フェイスリフトでもリフトアップ効果がないまま、高額な費用だけかかったトラブルもあります。
他にも格安な料金で受けて、適当に治療をされて効果がなかったなども多いです。

整形で修正をするときには、最初にダウンタイム後の腫れなどが影響していることもあるので、受けたクリニックに相談した方がよいです。

それで改善出来ないときは、他に法令線のこけの美容整形で有名な医師もいるのでそこで診察をうけてみるとよいでしょう。

法令線のこけの美容整形の修正をする時に知っておきたいこととは

トラブルが起きた場合は修正できる?

法令線のこけの美容整形には、フェイスリフトやプチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入にPRPやヒアルロン酸、レーザーなどがあります。

若返りやアンチエイジングの効果や仕上がりを評価するには、皮膚の状態などを確認することが大切です。
失敗すると、効果がない場合や引きつれ、麻痺や傷跡が汚いなど色々トラブルが起きます。

また、整形が成功していても自分のイメージとは違った仕上がりになることもあります。
この場合、担当医との十分な意思の疎通が出来てなかったことが原因です。

法令線のこけの美容整形を受けた後は、大体半年ぐらいはトラブルが起きていても修正の手術は出来ません。
もし修正をするときには、施術を受けたクリニックに相談してみることが大切です。

クリニックによっては、失敗などをした時に再手術をしてくれる保障があるところもあります。
再手術が出来るかは、症状によって異なってきますし、医師の判断でも違ってきます。

受けたところがしてくれないときは、他のクリニックに相談すると可能な場合もあります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。