フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のこけの美容整形に失敗するとどうなる?

年齢の差が出やすいのが、加齢のサインとも言われている法令線のこけですが、ほうれい線のこけが目立つことよる老いだけでなく疲れきったような印象を取り除くためにも行われるのが、法令線のこけの美容整形です。
法令線のこけの美容整形と一言で言っても、PRP療法、フェイスリフト、プチ整形の糸を使ったリフト、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、レーザー治療など様々な改善方法があります。

法令線のこけの美容整形は、PRP療法、脂肪注入、ヒアルロン酸注入などメスを使わない安心感した施術方法が豊富なのが特徴的ではあるものの、注入箇所や注入量などの的確な判断力を要する施術内容が多く、医師の高い技術力が当然のように必要となってくるのです。

これによって技術力が伴わない医師による施術を行った場合は、法令線のこけの改善効果が得られない、法令線の周囲にしこりが残る、皮膚の表面に違和感を感じるといった失敗を伴う可能性が挙げられやすいです。

法令線のこけの美容整形に失敗するとどうなる?

法令線のこけの美容整形で起こりえる失敗例

法令線のこけの美容整形として、ダウンタイムもほとんどなく比較的リスクが少なく安心して行われやすい施術方法として挙げられるのがヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入を用いた法令線のこけの美容整形は、メスを使わずに精神的な負担を掛けずに患者様にもメリットが目立つ施術方法になってきていますが、ヒアルロン酸を注入する箇所や深さにも気を付けないと、鼻の血管を詰まらせしまいしびれや麻痺が残るといった失敗にもつながってきます。
また医師の技術力が伴わっていない施術を行った結果、法令線のこけの改善効果が得られなかったという失敗が目立つことや、ヒアルロン酸注入が適切なスポットに注入されずに、笑うと不自然に注入した箇所が盛り上がり不自然な表情になってしまうといった失敗も挙げられます。
その他には、ヒアルロン酸注入の際に組織の損傷によってコラーゲンが固まって結果的に飴玉のようなしこりが浮き彫りになってしまったという例も挙げられます。

詳しくどんな失敗の原因が考えられるのかを見ていきましょう。

法令線のこけの美容整形に失敗するとどうなる?

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化なんてあるの?

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化。

法令線のこけの美容整形は、PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化など、必要となる治療と、それに伴い不安になる要素との、両面があると言えます。皮膚の内側に注入物を注射でいれることは、こけを改善するには適している治療と言えます。しかし場合によりましては、注入部位にしこりのような状態ができるなど、思わぬハプニングを経験するケースもあります。吸収されるならばまだしも、そうではない時には別の対処も必要です。

レーザー治療で効果が出ない

法令線のこけの美容整形をレーザー治療で試みたものの、レーザー治療で効果が出ないと感じるケースは少なくはありません。ほうれい線はすでに、こけている状態であるために、表面の皮膚へのレーザーの照射では、下から底上げをするような弾力を導き出すことができないためです。レーザー治療は皮膚の表面をキレイにするには適している治療であり、ニキビ治療にも向いています。ですがほうれい線のこけへの治療には不十分です。

ほうれい線のこけ治療と感染

ほうれい線のこけ治療で気をつけないといけないのは、注入部位への感染です。PRPにしても、ヒアルロン酸注入の場合でも、脂肪注入での治療を行うとしましても、針を皮膚に刺すことには違いがありません。針で刺した部位はふさがりますが、無駄にその部位に、不正性な手で触るのは控える必要があります。小さな針穴と言いましても、細菌などが侵入をするには、十分なサイズです。完全に針穴が消えるまで、触れないことです。

法令線のこけの美容整形と名医

ほうれい線のこけの美容整形を行うことにしたら、その道の名医を探して依頼する必要があります。ほうれい線のこけは、注射を利用しての注入ですので、安易に考えることもあります。しかしほうれい線は口の真横に位置しますので、人からはたいへん目立つパーツです。注入の経験も浅い不慣れなドクターであれば、口元の注入のバランスさえ失敗しかねません。これまでにもほうれい線の注入の経験を重ねている、名医に注入は頼むことです。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。