フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のこけの美容整形を受けるデメリットってなに?

人は年齢を重ねるごとに顔の皮膚がたるみ、法令線が深くなり、頬がこけて老けた印象になりがちです。
皮膚がたるむと法令線のこけは増し、皮膚に張りがなくなる事によって表情がかなり変わってしまいます。
この皮膚のたるみによって深くなってしまった法令線をコンプレックスに感じて、何とかして法令線を解消したいと願っている人も少なくないでしょう。
そこで法令線に効果的な対策として考えられる方法が、法令線のこけの美容整形です。
法令線のこけの美容整形にはいくつかの方法があり、法令線や頬にヒアルロン酸や脂肪の注入をして法令線のこけを解消する方法や、皮膚の下に糸を挿入して顔全体の皮膚を引っ張り上げ、法令線を目立たなくする方法などがあります。
どの方法もかなりの効果があり、施術時間も短く気軽に受けられる手術ですが、美容整形ですので、メリットばかりではなくデメリットもあるので、その事を十分理解した上で施術を受ける事が大切です。
法令線のこけの美容整形を受けるデメリットってなに?

デメリットの部分も把握しよう

ヒアルロン酸や脂肪の注入は法令線のこけの美容整形の方法の中でも代表的な方法です。
ヒアルロン酸の注入は脂肪の注入よりも手軽にできて、施術時間も5分から10分程度ですし、施術の際の痛みや出血もほとんどない為施術を受ける当日も、仕事を休んだりする必要がありません。
注入するヒアルロン酸の種類によってその持続期間は異なり、一般的な物で半年、長期持続型のヒアルロン酸なら2年程効果が持続する物もあります。
次に自身の脂肪を法令線に注入する法令線のこけの美容整形ですが、この方法はまず自身の脂肪を体の一部から吸引して、それから法令線の注入するので、ヒアルロン酸の注入に比べ少し体への負担が大きくなります。
最後に糸を使ってのフェイスリフトですが、この方法も施術にかかる時間は10分程度で、痛みも腫れもほとんどないので施術を受けたその日に帰宅できます。
どの方法もメスを使用する方法ではないので、気軽に受けられますが、確実に成功すると言う保障はなく、デメリットな部分もありますので十分注意しましょう。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。