法令線のたるみの美容整形の修正、大事なのはイメージの共有?

法令線のたるみの美容整形の修正をするにしても、大事なのはドクターとのイメージの共有です。患者側がなりたいイメージと、美容医療のドクターの頭にあるイメージは、必ずしも合致してはいません。人それぞれに考え方も違うので、仕上がりを口頭のみで話しても、イメージはすれ違うことはしばしばあります。法令線のたるみの美容整形の修正では、何よりもそのイメージを具体化して、患者とドクターの意見と仕上がりを明確化しないければなりません。1回では満足が行かなかったからお直しをするのであって、口頭だけでは問題は解決はしにくくなります。用紙にペンで書くような古典的なやり方もひとつですが、現代の美容医療のでかいでは、高レベルな美容クリニックでは、仕上がりのシミュレーションのシステムを導入しているところもあります。これならば、仕上がりの予想を画面で確認しながら、掘り下げて意見を交わしながら、満足ができるような仕上がりを目指すことができます。
法令線のたるみの美容整形の修正、大事なのはイメージの共有?

修正してもらいたい場合は

法令線のたるみの美容整形の修正をするにあたり、ドクターに任せっきりにしてはいけません。治療を行う前に、具体的にどこが気に入らなくて、理想はどういったものかを、わかりやすく伝えることです。その上で法令線のたるみの美容整形の治療方法を選択して、適切な処置をしてもらう必要がります。外科的な大きな手術であれば、特に事前のカウンセリングは時間をかけるべきでしょう。法令線にヒアルロン酸を注入するお直しであれば、途中で一旦鏡で確認をさせてもらうことです。少し多めに入れておいて、級数されて程よい形状になるのが、多くのヒアルロン酸を使ったほうれい線治療になります。ですが術後に、でこぼしていたり、左右の膨らみが異なるようであれば、バランスよく注入をしてもらうことです。左右がアンバランスなのに、時間が経過すればバランス良くなることはありません。おかしいと思ったらその場で直ぐに意見を言って、病院にいるあいだに直してもらうなど対応をしてもらうことです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

The following two tabs change content below.
美容整形の名医相談所には、整形に失敗して修正したいという患者様から多くご相談が来ております。失敗をしないためお医師選びと名医をご紹介しています。ご相談はお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。