フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

法令線のたるみの美容整形が失敗した場合とは

法令線のたるみの美容整形が失敗した場合としては、全体的に引き上げる切開手術のフェイスリフトで、思うような引き上がりにならなかったといったパターンもあります。ほうれい線のたるみの美容整形として、フェイスリフトをするのは勇気のいる選択ではありますが、成功をすればたるみは一気に解消することとなります。

しかし引き上げたものの、なにかの後遺症が残ってしまったり、傷跡が目立つように残ることもあります。通常は髪の毛で隠れるから大丈夫といった、安易な説明をさせることもありますが、美容院へ行くのは辛くなります。髪の毛は年々少なくなっていきますので、全く目立たないことはないです。美容院ではシャンプーの際に、頭皮の傷跡に気がつきます。半永久的とは言われますが、絶対にたるまない保証はなく、傷跡は全て消えることはないために、その傷が精神的にダメージを与える原因になる可能性もあります。法令線のたるみの美容整形のリフト手術の修正をするには、リスクがあまりにも高すぎる、いわば人生の賭け事のような手術です。

法令線のたるみの美容整形が失敗した場合とは

失敗例も想定しましょう

法令線のたるみの美容整形が失敗した場合、医療機器を使っての効果がいまいちだったとしたら、それはパワーが足りなかったことも考えられます。法令線のたるみの美容整形は、何も切開だけではないです。現代の美容クリニックのせいかにおいては、むやみに切る行為を勧めることはありません。

それどころか、主流の治療方法は、高性能な美容医療機器へと移行している傾向にもあります。ですからほうれい線のたるみの解消に関しても、高い引き上げを実現化する高周波や光を用いた治療で、マシンが導入をされています。しかし美容医療機器にもパワーのレベルがあるので、安全性を重要視するのは大事ですが、余りにも低いパワーだと効果はそれだけ低くなってしまいます。マシンで行う法令線の美容医療といっても、自由診療ですので安価というわけではありません。低すぎる設定で失敗をしたのなら、適正なレベルで高周波をあてて皮膚を引き上げて、ほうれい線のたるみを消していきましょう。

法令線のたるみの美容整形が失敗した場合とは

法令線のたるみの美容整形の失敗として「レーザー治療で効果が出ない」という事がある

法令線のたるみの美容整形のレーザー治療で効果が出ないとは。

レーザー治療はメスを使わずに機械で熱を当てることでたるみに効果があるといわれている方法です。30分程度の施術時間で終わり腫れがあまりなくダウンタイムが短いことから人気がありますが、レーザー治療で効果が出ないことがあるので注意が必要です。これは深い部位に熱を加えると効果が高い分だけ痛みを伴うことがあります。そこで大切な神経などが熱で傷つけられないように配慮していくため他の施術を比べると効果が薄くなることがあります。

リフトアップしない・若返らないことがある

レーザー治療は法令線のたるみの美容整形の中でも手軽にすることが出来るので多くの方が施術をしていますが、1回で十分に効果が出る人もいれば数回してようやく効果が出る方もいます。これはやる前からある程度どれくらい効果が出るのかわかることもありますが実際に施術をしてみないとわからないことの方が多いです。そのため思っていたよりもリフトアップしない・若返らないと感じる方もいるかもしれません。

フェイスリフトによるひきつれについて

レーザー治療は他の方法と比べると手軽にすることが出来て種類も豊富なので自分のニーズに合わせて施術を受けることが可能です。失敗もほとんどないことが多いのですが、治療直後はレーザーによる皮膚の引き締め効果からフェイスリフトによるひきつれを感じることがあります。しかし何日か様子を見たらなじんでくることが多いので心配はいりません。どうしても心配な場合や何日経ってもひきつれを感じる方は医師に相談しましょう。

レーザー治療に詳しいところで受けることがおすすめ

レーザー治療にはサーマクールと言われているRF高周波によりシワやたるみの改善を目指す機械もあればボラリスと言われている直接真皮層に作用してコラーゲンの増殖を促進することでリフトアップに働きかける機械もあります。このようにレーザー治療と一言で言っても様々な方法があるので自分のニーズに合った治療方法を選べることや医師がレーザー治療に対して豊富な知識を持っておりアドバイスしてくれるクリニックで受けることをおすすめします。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。