フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のたるみの美容整形の修正はどういう方法で行われるの?

頬に出来てしまった窪みに悩まれている女性が自然なふっくらとした頬を手に入れる方法として、美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどの医療機関を利用して受けているのが頬のたるみの美容整形です。肌への負担を極力減らす方法としてヒアルロン酸注入を利用した頬のたるみの美容整形を行う方が増えてきており、施術自体も短時間で済ませる事が出来る点や、極細針によって肌を傷つける心配がないためダウンタイムの症状が出にくいメリットがあるとして利用者が増えてきているのです。
ただヒアルロン酸注入を行った後に、どうしても仕上がりが希望していたような状態ではなかったと感じる場合や、頬が不自然にデコボコしてしまっている場合など、修正が必要になってくる状態になる方も少なくありません。
クリニックではヒアルロン酸注入を行った後の修正方法として、専用の薬剤を使用し注入することによってヒアルロン酸を分解、除去する方法を利用しています。
頬のたるみの美容整形の修正はどういう方法で行われるの?

元の状態に戻すには時間がかかる

頬のたるみの美容整形を受けた後に、仕上がりが希望通りにいかない場合は修正施術を受けることが可能ですが、症状によっては一度の分解注射だけでは完全に元の状態に戻すことが出来ない場合も多いので、2~4回に分けて徐々に分解施術を行う必要があるなど、ヒアルロン酸注入による頬のたるみの美容整形に比べて修正治療の方が時間がかかってしまうデメリットがあるといわれています。
しかし念入りにチェックしながら元の状態に戻していくことで、肌への負担を極力減らして状態を改善することが出来なくなってしまいます。また分解注射を行う事で肌内部の血管に傷をつけてしまい、内出血による変色や患部の腫れを起こしてしまう可能性がありますが、大体は顔の変色も一週間程度で元の綺麗な状態になるといわれていますので、安心して治療を受けることが出来ます。
一週間たっても患部の腫れがなくならず、痛みも取れないという場合はすぐにクリニックに相談することも大切です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。