フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のたるみの美容整形のダウンタイム、痛みのピークは?

頬のたるみの美容整形にはメスを使用してフェイスリフトを行う手術のほか、糸を注入し糸の突起を皮下組織にひっかけてリフトアップさせる方法、そしてヒアルロン酸を注射で注入する方法、機械によって熱や光、レーザーを照射する方法など沢山の方法があります。そういった頬のたるみの美容整形のダウンタイムはメスを使用するタイプでは2週間ほどかかり皮膚を切開するため全身麻酔が切れると痛みや腫れも出てきますが処方されたお薬である程度は緩和出来ます。そして、糸を入れる方法はダウンタイムや腫れなどはほぼ無く、針を刺す際に多少チクっとする場合があるので麻酔クリームなどを使用するため痛みに弱い方でも安心して施術を受ける事が出来ます。また、ヒアルロン酸注入の場合は注射する場所により内出血が起こる事もありますが2週間ほどで消えますし、ダウンタイムもほとんどありません。そして熱や光、レーザーなどを照射するタイプは多少熱さを感じる程度でエステの施術とほぼ変わらない上に効果も高い施術方法です。
頬のたるみの美容整形のダウンタイム、痛みのピークは?

1番人気のフェイスリフト

頬のたるみの美容整形というと従来ではメスを使用し皮膚を引き上げる方法が一般的でしたが、この方法は全身麻酔をかけ2日~3日ほど入院が必要な場合もありおおがかりな手術となりますのでダウンタイムや腫れも長く、痛みに関しても麻酔が切れると出やすくなっています。ですから忙しい方には中々受けにくい施術です。また他にも糸を皮膚組織に入れて引き上げるリフトアップもありますが、こちらは麻酔クリームや場合によっては局所麻酔を使用する程度の痛みで、ダウンタイムや腫れも少ない上に効果も長く今一番人気のあるフェイスリフトとして知られています。そして、プチ整形の代表格であるヒアルロン酸注入や機械を使用し熱や光を照射して張りを出すタイプの頬のたるみの美容整形に関しては、持続性は短いのですが痛みや腫れもほぼ無く気軽に受ける事が出来る上に効果が高い施術として人気があります。ただし、ヒアルロン酸注入の場合は注射器を使用するため場合によっては内出血が起こる事がありますが、メイクで消せる程度なので安心です。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。