フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のたるみの美容整形のデメリット、気をつけるポイントは?

頬のたるみの美容整形の方法は、注射で行う方法、また照射を行う方法、最後にメスや糸を使用して行う方法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、やはり気になるのはデメリットではないでしょうか。頬のたるみの美容整形としてよく用いられる注射薬はヒアルロン酸があります。これは化粧水などで外から補給することもできますが、これを注射薬を使用して肌の内側に投入するのです。そうすることにより、肌に潤いを与え、また肌をなめらかによみがえらせることが出来るのです。手軽な方法ですし、あとも全く残りません。時間も約10分という短時間で終わるために時間がない人にも便利です。しかし注射であるために時には針をさした部分が内出血をするという可能性もあります。またその部分に少し腫れが残るということもあります。時間がたち肌になじんで来たらこれらの問題も解決されるのですが、それまでは自分でのマッサージを避けたり注意が必要なのです。
頬のたるみの美容整形のデメリット、気をつけるポイントは?

定期的なメンテナンスが必要

では機械で頬のたるみの美容整形をする方法はどうでしょうか。現在は機械もいろいろなものがあるので、効果の高い物も多いです。しかしこれのデメリットを見てみると、半永久的という施術ではないために数カ月に一回のメンテナンスが必要になります。また一回が約2~3万円という決して安い価格では行うことが出来ないのが特徴です。ただし、副作用は余りないということがメリットの1つです。糸を使用する頬のたるみの美容整形はどうでしょうか。これはやはり糸や針を使用することになるので、施術に時間がかかります。大体30分から1時間くらいは見ておいた方がいいでしょう。また高度な技術が必要ですから、費用も10万円単位で必要になりますね。また手術後はやはり少し腫れがあるということがデメリットになります。しかし腫れが治まればたるみが改善したという実感は大きいですし、半永久的な施術方法もあるので、費用は掛かりますが、とても効果のある方法だと言えます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。