フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のしわの美容整形の修正が無理な場合はある?

頬のしわの美容整形の修正が無理なケースとしては、外科手術でリフトなどの皮膚を切りすぎた場合です。どの程度で何が気に入らないかにもよりますが、頬のしわの美容整形で皮膚を切って引き上げてしわをのばしたものの、本人としてはまだ気に入らないとしても、限界まで切ってしまったら、もう切って引き上げるのは無理でしょう。頬のしわをどうにかしたいならば、もう切開の外科手術ではなく、ほかの方法で対処をすることになります。リフトなどの外科手術というのは、人間の身体にとって、とても大きい負担になります。思っているよりも免疫力を低下させますし、回復は年齢が高くなるほどに遅くもなります。何回も切開の手術を美容のためにするのは、健康上も良くはありません。そして体だけではなく、必ず精神的な面も弱くなってしまうので、何回も外科手術をするのは控えたほうがいいのです。術後の状態が落ち着いてから、注入などを検討するといいでしょう。

頬のしわの美容整形の修正が無理な場合はある?

全身麻酔は負担が大きい

頬のしわの美容整形の修正が無理なケースとして、脂肪を注入する場合は、限界が有ることを知りましょう。脂肪を注入することで、頬のしわは目立たなくすることができます。頬のしわの美容整形は、本人自身の脂肪を入れるので、安心できる方法と言われることもありますが、頬に入れることができる量には、限界があります。修正でもっとたくさん入れたいと希望を出しても、入れすぎてしまうと見た目はおかしくなります。それに脂肪は脂肪吸引の手術をしないとなりませんので、1回目の手術からまだそれほど経過していないのに、頻繁に脂肪吸引の手術をするのは、おすすめではありません。頬のしわのところに脂肪を注入するときには、部分麻酔でもいいでしょう。しかし少しだけ脂肪を吸引する手術だとしても、脂肪吸引の時には必ず全身麻酔を使うことになります。全身麻酔は体への負担も、かなり大きいということを知っておきましょう。脂肪吸引の傷が癒えるまでには時間がかりますし、ダメージが大きいです。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。