フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のしわの美容整形のデメリットについて

頬のしわの美容整形のデメリットについて、頬へのしわを解消するためにヒアルロン酸を注入した場合に、表面上に凸凹下状態が見えることも考えられます。頬にしわができること自体、女性にしょってはショックなことです。目の下にしわが出来始めるのもショックですが、自分の頬にまでしわができるとは、年齢を重ねていく上での女性にとってショックな出来事のひとつとなります。それほど動かしているイメージもない頬ですし、目元よりは皮膚もある程度の厚みもあるはずなのに、頬にしわの出現があること自体が驚きでしょう。しかし年齢を重ねると、真皮層などのあらゆる、弾力や潤いの成分は失われるので、頬にもしわはできます。だからヒアルロン酸の注入をする子で、ふっくらとした頬にすることができます。でも、上手に入れないと凸凹になってしまって変です。これは施術をしてくれるドクターの技術が物を言うので、頬のしわの美容整形はドクター選びを慎重にする必要が出てきます。
頬のしわの美容整形のデメリットについて

注入の前に吸引がある

頬のしわの美容整形のデメリットについて、頬に弾力を出すために脂肪を注入する方法を選んだとしたら、ダウンタイムがある事を知っておきましょう。自分の脂肪を使いますので、肌にとって異物ではな為に、アレルギーなども起こさないで安心といった説明を、病院では受けるかもしれません。しかし、それより何より大変なのは、ダウンタイムがあることです。頬のしわの美容整形で脂肪を頬に入れるというのは、最初に脂肪吸引をすることになります。頬に脂肪を入れる量は少ないですが、少なくても脂肪吸引の外科手術をするリスクがあることを、忘れてはいけません。そして脂肪を頬に注入をしていきますが、そのあとにな内出血もありますので、メイクなしではしばらくは生活できません。違和感などもありますが、ダウンタイムで辛いのは内出血でしょう。脂肪吸引の量は少なくても、外科手術をするので、手術をうけたあとは1ヶ月はガードルを使うことにもなります。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。