フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形での失敗を避けるために

加齢とともにくぼみがちな頬を美しく蘇らせるための、頬のくぼみの美容整形があります。その種類は驚くほどたくさんありますので、何を選んだらよいのか、素人では判断が難しいのが現状です。
頬のくぼみの美容整形にはメスを使うもの、使わないものが存在します。失敗を避けるためにも、それぞれのメリットとデメリットを事前に確認しておかなければなりません。

基本的に、できるだけ高い効果を得たいのであれば、メスを使った治療法を利用すると満足のいく効果が得られやすくなっています。持続期間の長いものが多く揃っており、ほぼ1回の手術でいつまでも若々しい頬の状態を保てるようになります。大変魅力的な施術方法ですが、メスを使った手術では、必ず皮膚に切れ込みを入れなければなりません。用がなくなれば切れ込みを入れた部分を綺麗に縫合してくれますが、医師の技術が低いと傷跡が残りやすくなる失敗例があります。耳の周囲にメスを入れる例が多いため、髪型が限定されてしまうといった問題も持っています。

頬のくぼみの美容整形での失敗

頬のくぼみの美容整形の失敗例と成功

メスを利用しない頬のくぼみの美容整形ならば、傷跡がほぼ残らないというメリットがあります。有名なものとしては、ヒアルロン酸注入がお手軽で人気があります。

但し、メスを使った頬のくぼみの美容整形とは違い、大半が持続期間が短く設定されています。ヒアルロン酸注入を例にすると、この成分は時間の経過とともに体内に吸収されてしまいますので、1年くらいで美容整形の効果が失われるリスクを持っています。元に戻すには再び美容整形を受けなければならず、通院費や治療費がかさむ結果に陥りやすくなります。

また、メスを使った手術に比べると、効果の弱いものが多くなっています。せっかく施術を受けたのに、ほとんど効果が得られなかったという失敗例はよく聞かれます。かといって、リスクが少ないとも言い切れないのが現状です。

メスを使う、使わないに関わらず、評判と技術の確かな美容クリニックを選ぶことが、失敗を回避するには最も重要なことです。

頬のくぼみの美容整形での失敗を避けるために

PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化状態になる?

頬のくぼみの治療とPRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化が挙げられます。

頬のくぼみの美容整形の方法としては、皮膚の表面にだけ光やレーザーを当てる手段ではなく、頬のくぼみを持ち上げないとなりません。PRP・ヒアルロン酸注入・脂肪注入によるしこり・石灰化というのは、頬のくぼみ治療には避けては通れないものです。すべての頬のくぼみにしこりができはしませんが、可能性はゼロではないです。そして上手にPRPや脂肪を入れることができれば、そう言った不安もなく仕上がりもよくなります。

頬のくぼみはレーザー治療で効果が出ない

頬のくぼみの美容整形は、それに適した治療法があります。美容クリニックの皮膚再生治癒力を高める、美肌治療で脚光を集めますのが、今や天下の美肌治療となりましたレーザー治療法です。でも頬に出来てしまったくぼみに対しましては、レーザー治療で効果が出ないということになります。皮膚の表面を美しくするのは、レーザー治療法の得意とするところです。でも頬のくぼみは凹みであるために、凹みは埋めないとならないのです。

頬のくぼみの治療法と感染

頬のくぼみの美容整形を受けるにあたりまして、感染というデメリットにも触れておくべきでしょう。PRPや脂肪注入を簡単に考えていますと、注射をしてからの完全な回復になるまで、皮膚を不衛生にしてしまうこともあるでしょう。しかし患部が完全に回復をしませんと、そこからの雑菌類の侵入によりまして、感染症を招いてしまうことも考えられることです。皮膚の状態は患部が落ち着くまで、清潔に保つことが何より重要です。

頬のくぼみの美容医療の名医

頬のくぼみの美容整形を注入という手段でするとなったら、頬のくぼみ治療にかけての名医を選びましょう。顔の頬はふっくらとしていて、頬の位置が高いほどに若々しく見えることになります。それは頬の注入のバランスの良さであったり、なめらかに注入をできるかどうかも、とても重要になってきます。頬は人からの見た目の印象を決めますので、注入をする美容整形をするならば、名医に依頼をして頬を理想の形に仕上げましょう。

フェイスリフトとプチ整形の名医-失敗と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。