フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形のリスクを知る

げっそりとした頬は、見た目的に健康的に見えない恐れがありますので何か良い方法はないか探している方は少なくありません。また頬のエラ部分が目立つ骨格の場合老けた印象を周りに持たれてしまう恐れがあるので、もっと若々しいふっくらとした頬を手に入れたいと思っている方に注目される美容施術が、頬のくぼみの美容整形術です。頬のくぼみの美容整形と聞くと、大掛かりな手術が必要だと思ってしまう方も多いのですが、美容外科クリニックや美容皮膚科クリニックでは日帰りで受けることが出来るヒアルロン酸注入や脂肪注入などの施術を行う事で簡単にふっくらとした頬を手に入れることが出来るようになると人気になっています。
この二つの施術を行う際に、少しでも肌へのリスクを減らしたいのであれば、短時間で施術が完了するヒアルロン酸注入がお勧めですし、半永久的な美容効果を期待するのであれば、脂肪注入を受ける事で綺麗な頬を維持することが出来るようになります。
頬のくぼみの美容整形のリスクを知る

比較的に施術時間がかかる

ヒアルロン酸を注入する頬のくぼみの美容整形は、極細針を利用して注入を行うので大掛かりな麻酔なども必要なく短時間で施術を完了させることが出来る点が人気の理由になっています。ただヒアルロン酸は注入してから時間が経つと体内に成分が吸収されてしまうので元の状態に戻ってしまうデメリットがあるのです。
そのため半永久な効果を望む方には脂肪注入による頬のくぼみの美容整形がお勧めです。この施術の流れは自分の腹部や太ももから余分な脂肪を吸引することによって、頬に使用する事が出来ます。クリニックによって施術時間は異なりますが、大体平均して施術時間は約60分だといわれています。自分の脂肪を注入するので、副作用などもなく肌に馴染みやすいのが特徴です。ただヒアルロン酸注入に比べて施術に時間がかかる特徴があるので、ダウンタイムに腫れや痛みが続くリスクはある程度ある事を把握しておくと、実際に施術を受ける際にもスムーズに済ませる事が出来ます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。