フェイスリフト・整形の名医
フェイスリフト・整形の名医

頬のくぼみの美容整形の効果とは?

頬のくぼみの美容整形のやり方は、まずは脂肪吸収の範囲全体に局部麻酔の注射を行うので手術中は痛みを感じません。麻酔注射を打つときや打ち終わるまでの数分間は痛みがありますが、麻酔はすぐに効くので心配はいりません。しかし麻酔注射の痛みを感じないようにするためには、点滴で眠る作用のある麻酔薬を使ってもらうと痛みを感じずに麻酔注射と手術を受けることができます。切る場所は耳たぶの裏で、脂肪吸収を行うために数ミリ程度の皮膚を切開します。心配なのは切開法なので手術後に傷跡が残る可能性があることですが、耳たぶの裏はほとんど傷跡がわからなくなります。頬のくぼみの美容整形を受けるには様々なメリットがあり、顔の大きさにコンプレックスを持っている方やきれいな形にしたい方にはとても人気のある手術です。頬のくぼみの美容整形の効果としてまず挙げられるのが、小顔に見えることです。頬の脂肪のボリュームを減らすことによって正面から見たときに面積が狭く見えて、結果として小顔効果が生まれます。
頬のくぼみの美容整形の効果とは?

顔の輪郭を整える

続いての頬のくぼみの美容整形の効果として挙げられるのが、顔の輪郭がシャープになることです。頬のくぼみの美容整形はフェイスライン上にある脂肪を取り除くことができるので、脂肪吸収後は今までよりも顔のラインがはっきりとわかるようになります。そのため小顔効果だけでなく、顔の輪郭がシャープになります。続いては頬の弛みを予防できることが挙げられます。頬のくぼみの美容整形を受けると将来的に頬のたるみが出るのを予防してくれることになります。特に年がいっている方の場合、頬の脂肪が重りになってたるみの原因となっています。このたるみの原因をなくすために脂肪を取り除いておくことで予防をすることができます。また手術時間は20分から30分、早ければ10分程度で終わるところもあります。早ければ必ずいいというわけではありませんが、この方法の脂肪吸収は組織への負担が少なくてすむので腫れやむくみなどのダウンタイムも短くてすみます。

失敗しないためのアンチエイジング・若返りの整形トラブル・リスク・デメリットSOS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。